東京工科大学 大学案内2017
129/144

2年次3年次4 年次基就理成社会人基礎力を身につける自分の成長度を知る社会への理解を高める就業力を高める基礎力の養成→就業力の向上→実践スキルの修得と段階的に就業力を身につけていきます。実際に企業などの社会現場に赴き、体験を通して学びます。事前・事後教育と合わせて就業経験を行います。海外でのグループワークなどを通して、国際感覚や異文化理解力、コミュニケーション力を育みます。海外でのグループワークなどを通して、国際感覚や異文化理解力、コミュニケーション力を育みます。ボランティア活動を中心に社会に貢献できる人材の育成を図ります。指導教員によるきめ細かなサポート。指導教員によるきめ細かなサポート。事前・事後教育と合わせて就業経験を行います。就業力就業体験を通じ、修得した知識の再確認や新たな課題の発見、適性の確認や職業観育成を目的としています。学生は社会の常識を学ぶとともに、働くことの自覚を身につけます。インターンシップPick Up!奉仕活動を通じて社会を知り、問題意識を育む、教養教育の選択必修科目。学外で体験的に実践能力を磨く実習です。サービスラーニング実習4年次3年次2年次キャリアビジョン(働く側面から見た目標)を設計し、ボランティアなど社会活動への参加により、実学主義の実践を図ります。計画的な就職活動の支援として、筆記試験対策や面接対策を実施。さらにインターンシップを通して学びの成果を実践します。基盤となる能力である社会人基礎力を高めることがより高い就業力の体得につながるキャリアデザイン Ⅰ・Ⅱ・Ⅲ・Ⅳ基理就サービスラーニング実習基理就コーオプ実習(工学部)基理成就インターンシップ基理就コーオプ実習(工学部)基理成就研究室配属基理成Pick Up!約8週間の就業経験を行うことにより、実践力を身につけるとともに、会社の一員として作業する責任感、コミュニケーション能力、就業報告書や改善提案書などの作成力といった社会人基礎力を高めます。コーオプ実習 (工学部)Pick Up!海外研修/海外語学研修基成理養うとともに、学外で仲間や自然との共生を体験します。専門基礎教育、社会人基礎力を育む教養教育など、全科目で導入したアクティブラーニングを通して、課題に主体的に取り組む習慣を継続し、就業力の中核(社会人基礎力)を育みます。社会人基礎力の養成早期の目標設定とコア能力の強化仕事を「選ぶ力」と企業に「選ばれる力」をレベルアップ。進路選択や就職に直結するカリキュラムと、業界研究や社会と連携した実習から実践的な就業力を強化します。社会と連携したプログラムによる就業力の向上成長の場の提供と合理的活動支援SPI、エントリーシート、面接など、就職活動に必要な力の向上を図ります。学内企業セミナーや企業訪問などの機会を提供し、内定を勝ち取るための実践的スキルを身につけます。実践的な就職活動スキルの獲得明確な指標に基づく成長度の評価・確認Step1Step2Step3キャリアアップ知識や技術を活用して課題に対応できる人材へ高度な専門知識の修得をめざす大学院進学就 職実践型キャリア教育のフロー127TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGYキャリアサポートCareer Support

元のページ 

page 129

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です