東京工科大学 大学案内2018
124/144

私のお気に入り私のお気に入り私のお気に入りメディア学部4年(取材時)佐藤 菜々 県立千葉女子高校出身(千葉県)コンピュータサイエンス学部4年(取材時)横谷 温子 湘南学園高校出身(神奈川県)私は数学と物理が好きな理系人間です。男子と話すのは苦手だったので、男子比率が高い学部に通うのは心配でしたが、それでも東京工科大学のコンピュータサイエンス学部は、他大学の情報・工学系学部に比べ、女子が多いと聞いて不安は和らぎました。そんな私にとってうれしかったのが「CS女子会」です。これは、コンピュータサイエンス学部の女子有志が月に一回程度集まって何でも楽しく語り合うという催しで、学生生活に馴染む大きな助けになりました。勉強の面では現在、プログラミングに力を注いでいます。入学時はパソコン初心者でしたが、丁寧な指導のおかげでかなり上達しました。現在のICTスキルは入学前の自分からは想像ができない程です。音楽が好きで、PCでの音楽制作や、加工、編集について学ぼうとメディア学部に入りました。コンテンツ制作の音響をテーマに研究できる大学はめずらしく、1年次からプロジェクト演習(音楽系)で実践経験を積めるカリキュラムも魅力的でした。実際、音響機器を扱う授業や録音スタジオでの演習、大学行事での実践を通して、手を動かしながら学べるためスキルが身につくのも早いと思います。また、就職活動では、福利厚生が充実している企業の情報を数多く提供してくれるサポートなども万全です。女子学生限定の就職セミナーも開かれ、理工系女子を募集する企業、女性が働きやすい環境の企業ばかりで話がしやすく、貴重な情報をゲットすることができました。なんでも話せる「CS女子会」が楽しい!手厚い女子の就職サポートに感謝していますCHECK!最新情報を更新中工学部2年(取材時)荘 みさき 杉並学院高校出身(東京都)工科女子が語る~私たちのキャンパスライフ~東京工科大学で培った行動力・発信力が自慢!WEB│http://www.teu.ac.jp/koukajoshi/高校3年生のときに、数種類の原子の組み合わせで無限の分子が作れる「有機化学」の面白さを知り、進学先はこの有機化学を学べる東京工科大学の工学部応用化学科に決めました。一番面白かったのは実験の授業です。鏡を作る原理を学んだり、吸光分析実験をしたりして、化学反応の操作から基本的な機器の扱い方までじっくり学んでいます。他大学に通う友だちから、「1年生のうちから実験なんて早いね」とうらやましがられているんですよ。まだ、基礎力を身につけている段階ですが、この大学は「有機化学を専門的に学びたい」という思いを、充実した研究・実験設備と、新設学部ならではの手厚いサポート体制で受け止めてくれています。私の思いを受け止めてくれる大学です!図書館は、課題に集中したいときにいつも活用しています!片柳研究所のデザインは芸術的!上層階からの眺めも最高です。機材などが充実したメディア演習室。自由に利用可能で、好きな研究や作業に没頭できます。122TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGYキャンパスライフ

元のページ  ../index.html#124

このブックを見る