東京工科大学 大学案内2019
112/144

成長と社会デビューをバックアップする、特色ある専攻による先端研究と教育。東京工科大学大学院は、学部教育との一貫性や有機的な連携を確保しつつ、21世紀社会において特に重要度の高い分野で活躍する優れた人材を育成するために、独自性ある研究科および専攻を設置しています。ますます複雑化、多様化する現代の諸問題を解決するために欠かせない、分野横断的な知識や視野を身につけられるよう、学際的な研究に取り組める柔軟性あるカリキュラムや指導体制を整えているのも大きな特長です。工学研究科●サステイナブル工学専攻博士前期(修士)課程/博士後期課程バイオ・情報メディア研究科●バイオニクス専攻博士前期(修士)課程/博士後期課程●コンピュータサイエンス専攻博士前期(修士)課程/博士後期課程●メディアサイエンス専攻博士前期(修士)課程/博士後期課程●アントレプレナー専攻修士課程デザイン研究科●デザイン専攻修士課程最新の工学技術を理解したうえで、高度な専門知識や技術、コミュニケーション能力、分析評価能力、論理的思考力などを修得するとともに、多角的視点で新しい工学を探究する実践的能力を養う研究科で、博士前期(修士)課程と博士後期課程を設置。博士前期(修士)課程では、サステイナブル工学分野で活躍する高度な研究者・技術者を、また博士後期課程では、世界レベルの研究者・教育者・高度技術者・起業家などを育成することをめざしています。バイオ・情報・メディアの学際分野の研究により、それぞれの分野において高度で実践的な知識や技術の修得を図ります。生物が持つ特性を環境や医薬品、食品、化粧品などの分野に生かすバイオニクス専攻、AIやICTによる革新的なシステムを追究するコンピュータサイエンス専攻、多彩なメディアコンテンツを創りあげるメディアサイエンス専攻を設置。さらに、技術マネジメントやマーケティングを学び、新規ビジネスの創出をめざすアントレプレナー専攻も設置しています。デザイン研究科は、本学デザイン学部が積み重ねてきた、独創的な発想や問題解決力を駆使し、デザイン提案を行う能力を培う教育の成果を発展させ、よりハイレベルなスキルや専門性、発想力を備えた人材を育成することを目的としています。最新の機材を活用し、次代のデザインニーズに応える高度なディジタルスキルを修得しながら、一人ひとりが専門性を深めるとともに、異分野との協働による新たなデザインの可能性を追究できる、創造性豊かな発想ができる人材を育てます。八王子キャンパス蒲田キャンパス未来へ向けて拡充・発展し続ける、東京工科大学 大学院。※ 記載内容は予定であり、 変更となる場合があります。〈2019年4月新設〉〈2019年4月設置認可申請中〉110TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY東京工科大学 大学院

元のページ  ../index.html#112

このブックを見る