東京工科大学 大学案内2019
105/144

臨床検査技師に興味を持ったのは、高校2年時に入院したことがきっかけです。エコー検査を担当した方が臨床検査技師であることを知り、病気の原因を見つけ出すことで健康にアプローチできることから魅力を感じました。また、私自身が化学の実験が好きで、血液検査や微生物検査に興味があったことも臨床検査技師をめざした理由のひとつです。臨床検査学科の学びでは、生体検査を論理的に進める方法、疾患や検査の情報をわかりやすく伝えるためのプレゼン力、先生やクラスメイトとの意見交換によって幅広い考え方や視点を学べたことなど、これから臨床検査のスペシャリストとして働くために必要な能力を身につけられたと思っています。就職先は、すべてのスタッフが患者さんを大切に思いながら仕事をしていると感じることができた病院です。将来は、検査の面から予防医療に貢献できる臨床検査技師になりたいと考えています。さまざまな経験を積み重ねながら、小さな異常も見逃さない技術力を身につけたいと思います。この病院を志望したのは、小児医療に詳しい先生の勧めと、大学病院なので臨床工学技士として多様な症例に立ち会えることが決め手になりました。臨床工学技士の魅力は、チーム医療に関わるスタッフの中で、唯一工学的な視点でアプローチできる点にあり、そこに存在意義を感じます。医療の現場で働く今、心にあるのは「医学の基礎を大切に」という臨床工学技士や医師の経験のある先生からの教えです。医学の基礎は、現場で実感する日々進化する臨床工学の理解につながり、継続して学ぶモチベーションを高めてくれます。さまざまな変化に対応できる基礎を学べたことが大学での収穫です。おすすめ科目ココが実学主義微生物検査学実習実際に生きている菌を使用する実習です。感染症に関わる臨床微生物や、臨床検査における感染症原因菌を判別・同定し、その結果を発表します。検査結果をわかりやすく説明する能力が求められるとともに、積極的に意見交換する大切さが理解できた貴重な授業でした。講義で学んだことを実際に実習で経験できたことで知識が定着し、新たな知識も得ることができました。木村 志帆 さん2016年3月臨床工学科卒業県立磐城桜が丘高校出身(福島県)東京女子医科大学附属八千代医療センター黒木 若葉 さん2018年3月臨床検査学科卒業聖徳大学附属女子高校出身(千葉県)順天堂大学医学部附属順天堂医院新卒者就 職3年次前期の時間割月火水木金1限臨床化学検査学Ⅱ救急総論2限検査管理総論臨床病理学3限微生物検査学 実習Ⅱ微生物検査学 実習Ⅱ微生物検査学 実習Ⅱ臨床化学検査学Ⅲ (含む実習)免疫検査学実習4限5限卒業生ココが実学主義臨床工学技士臨床検査技師目の前にあったいくつもの道の中から、医療という道を選択し、東京工科大学で未来を歩み始めた先輩たちに、志望動機や学生生活、さらには将来について語ってもらいました。チームワークで動く医療専門職を、ともにめざしていく。103TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY医療保健学部

元のページ  ../index.html#105

このブックを見る