東京工科大学 大学案内2018
102/144

先輩からのメッセージ大学では、患者さんの“今”だけではなく“未来”を見つめながら看護を提供することが必要であり、 一人ひとりの背景や思いを汲みとるためにはコミュニケーション能力がとても重要であることを学びました。特に1年次の基礎看護学実習から4年次の統合実習まで、4年間のさまざまな実習の中で、実際に患者さんを受け持った経験が、座学での学びを深めるだけでなく、患者さんを理解するためのコミュニケーション力を高める良い機会になりました。看護学科には経験豊かな先生と素晴らしい施設の中で、看護という学問を掘り下げて学べる環境があります。ぜひ妥協することなく夢を叶えてください。大学の学びを通じて臨床研究を続けたいとの思いが強くなり、さまざまなリハビリ分野を経験できる大学病院を中心に就職活動を進めました。この病院を選んだのは研究が続けられる環境と、講師として教壇に立つ先輩たちの存在など、自分の挑戦の機会が広がりそうなワクワク感があったからです。理学療法士として働く今、大学で学んだ循環器や呼吸器、代謝系に関する内部障害の予防と治療についての知識は、大いに役立っているとともに、今後理学療法士としての自分の価値を高めてくれるものだと実感します。専門性の高い理学療法士として、研究実績を積み重ねつつ成長していきたいと考えています。現在、脳卒中や脊椎脊髄疾患などの患者さんのリハビリを担当しています。前向きにリハビリを進めていくためには、相手の気持ちを理解するスキルが不可欠です。作業療法士としての専門知識の研鑽はもちろんですが、患者さんと信頼関係を築くコミュニケーション能力の重要性は日々感じます。在学中の一番の収穫は「勉強を続ける姿勢」が身につけられたこと。現場では経験不足を痛感しますが、そんな時は専門基礎科目の教科書を読み返し、先輩と勉強会を開くことで、弱点を克服しつつあります。日々進歩する医療に対応するにも、この学び続ける姿勢が力になってくれると確信します。患者さんの思いを汲みとる大切さを 実感することができました。大学で学んだ知識や技術が 自分の挑戦する機会を広げてくれます。作業療法士として成長するために欠かせない、学び続ける姿勢が身につきました。清沢 恵理奈 さん2017年3月看護学科卒業県立松本蟻ヶ崎高校出身(長野県)東京都立墨東病院新卒者就 職2014年3月理学療法学科卒業横浜市立戸塚高校出身(神奈川県)相川 駿 さん聖マリアンナ医科大学病院卒業生国沢 美咲 さん2016年3月作業療法学科卒業湘南工科大学附属高校出身(神奈川県)横浜市立脳卒中・神経脊椎センター卒業生ココが実学主義ココが実学主義100TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY医療保健学部

元のページ  ../index.html#102

このブックを見る