東京工科大学 大学案内2018
101/144

ココが実学主義ココが実学主義3年次4年次後 期後 期前 期就 職臨地実習[10週間]◎病態解析学 ◎臨床検査総合演習 ◎医療情報処理演習Ⅱ ◎臨地実習 ◆チーム医療概論 ◆健康食品総論 ◎卒業研究Ⅰ ◆栄養化学◎保健医療福祉総論◎卒業研究Ⅱ◎医療リスクマネジメント卒業後の進路国公立・大学病院や総合病院をはじめとする医療機関/検診センター/研究所/医療関連企業/大学院進学 ほか血液学血液の成分、性状や機能、止血や血液凝固について学び、また血液疾患の診断や経過観察に必要な血液検査の基礎についても理解します。生理学人間の構造、解剖学の知識を背景に、人体の植物性機能、動物性機能、人間性機能を中心に諸器官の働きを学修します。接遇マナーも学ぶ生理検査学実習生理検査学実習では、病院と同様の検査機器を使用し、心電図や脳波などの実習を実施。接遇マナーも身につけ、患者さんの気持ちに寄り添える臨床検査技師をめざします。正しいスクリーニング法を身につける実習血液中の化学成分を測定する際、他の成分が測定に及ぼす影響と、血液の保存条件の違いによる影響について実験し、正しい検査データを得るための対処法を学びます。病理検査学病理組織、細胞診断学は、さまざまな病態の病因や疾患の診断に欠かせません。ここでは病理検査手技の基本を中心に学びます。微生物検査学感染症に関わる病原体の培養・同定・抗菌薬感受性検査などの知識と技術を学び、感染制御におけるチーム医療の意義を理解します。国家試験対策学生は主体的に国家試験対策に 取り組んでいきます。専門科目の講義と実習、そして臨地実習で学んだ臨床検査学の知識の中で、特に国家試験の問題として集約される課題については、例題、解答、対応策などについて掘り下げて学修します。また、臨床検査技師国家試験模試は定期的に受験し、成果を確認します。学生が主体となり、十分な知識の修得を目標に国家試験対策に取り組んでいきます。からは医療従事者にとって必要な人体の構造と機能を学ぶ専門基礎科目を中心に、臨床検査の基礎となる実習科目を履修します。3年次は臨地実習で実践能力を高め、4年次では卒業研究に取り組み、社会人としての基礎を固めます。取得可能な資格臨床検査技師国家試験受験資格健康食品管理士受験資格※代表的な科目のみ記載。変更になる場合があります。99TOKYO UNIVERSITY OF TECHNOLOGY臨床検査学科

元のページ  ../index.html#101

このブックを見る