昭和薬科大学 大学案内2019
7/40

05最終総合演習で総仕上げ国試へのモチベーションを高める▶ 薬剤師国家試験本学教員による最終総合演習全学を挙げた支援体制 基礎学力アップを目的とした補講と確認試験により全体の底上げを行った後、総仕上げとして「最終総合演習」を開講します。 本学では、6年間を通したトータルサポートにより、手厚い国家試験対策を実施しています。 前期には基礎薬学科目の確認試験を受験し、後期には全科目を網羅した国家試験対策の模擬試験を受験します。 自分の学力を確認しながら学習に励み、国家試験に向けてモチベーションを高めていきます。共用試験に向けた徹底指導 1~3年次は統合薬学教育研究室が中心となり、定期試験の結果を踏まえ苦手科目の克服を狙いとした学力向上プログラムを実施します。 また、4年次は共用試験をプレ国家試験として位置づけ、徹底指導を行います。薬剤師国家試験合格!本学では入学時から教育課程の節目ごとに学力を確認する試験を実施し、サポートの必要な学生には集中講義,補講を行うほか、国家試験に出題される基礎薬学を中心に統合薬学教育研究室が学力の底上げを行います。緑の多い勉学に適した環境のなかで大学が一丸となって同じ目標に向かう体制により、学生全員の合格を目標に様々な支援プログラムでバックアップを行っています。 最終学年となる6年次は最終総合演習を柱とし、年間を通じて講義と試験を行います。 薬剤師に求められる知識と科学力の確実な修得を目的とする最終総合演習では、本学教員による講義で6年前期までに学んだことの総復習を行います。 第103回国家試験の合格率は75.34%(総数・私大平均69.55%)で、これまで同様に安定した合格率が得られました。※新卒合格率78.38%6年次5年次1~4年次

元のページ  ../index.html#7

このブックを見る