昭和薬科大学 大学案内2019
26/40

24小児科のスペシャリストを目指しています2015年卒業東京大学 医学部附属病院 薬剤部 将来の目標として、早い段階から病院薬剤師を掲げていました。私が勤務している東京大学医学部附属病院で特徴的なことは、まず選考を通過した者が研修生となり、研修を受けた者のなかから職員が採用されるというプロセスをとっていることです。研修生は、大学在学中の長期実務実習で習得した内容をベースに、病院薬剤師としてより発展的かつ高度で密度の濃い卒後研修を6か月にわたって受講していくのですが、その間薬剤部の各部門に数週間ずつ配属され、実践的なトレーニングが施されます。 研修の修了後、晴れて職員に採用となり調剤室に配属されました。大きな病院ですから、同僚と毎日数千枚の処方箋に向き合います。仕事に集中できるとても恵まれた環境のなかで、多様な診療科からの処方箋を受けることで大変勉強になりますし、1枚1枚の処方箋に、丁寧にそして迅速に対応することを心がけています。 最近になって、一定時間ICU(集中治療室)に足を運ぶ機会を得ています。調剤室では正確でスピーディーな業務が求められる一方、ICUでは医師,看護師としっかりコミュニケーションをとりながら、チーム医療体制の下で患者さんと時間をかけて向きあうことができます。 今後については小児科に高い関心をもっています。同じクスリでも、こどもへの飲ませ方は成人と異なりますし、様々な工夫が必要です。薬剤師にはこれからますます高い専門性が求められますので、そういった方面でのスペシャリストになることを希望しています。大学病院地域の身近な存在“かかりつけ薬局”として2015年卒業日本調剤 六浦薬局 管理薬剤師 近くにある共済病院の外来患者さまに対する調剤のほか近隣への在宅医療も行っており、定期的に患者さまのご自宅を訪問して薬剤の管理,服薬指導などを行っています。 調剤薬局の薬剤師という職種を選んだのは、患者さまと直接コミュニケーションをとりながら、治療や予防に役立てているという実感が得られると考えたからです。漢方薬にも関心をもっていますので、その知識も活かしながら調剤薬局に勤務することを希望しました。 錠剤を飲みやすく砕く、数種類の薬を一包化するなどニーズに応じたきめ細やかな対応をはじめ、毎日服用する薬を間違えないようカレンダーやお薬ボックスを作ったりと、患者さまへのケアはまさにオーダーメイドです。お薬を正しく飲めているか、必要に応じ電話などで確認することもあります。 大学では薬物動態学研究室に所属し、当時就職支援も担当していた指導教授が親身になってアドバイスしてくれたことを覚えています。インターンシップを通して様々な経験をするなかで、先輩薬剤師が責任感をもって仕事に取り組む姿に接し、社内教育が充実している日本調剤への入社を決めました。 実際に入社3年目の私も店舗責任者として薬局全体の責任を負うとともに、管理薬剤師としても貴重な経験を積み重ねています。忙しい日々ですが、やりがいを感じながら業務にあたっているところです。 今後は地域の“かかりつけ薬局”として、より一層患者さまの身近な存在になっていきたいと考えています。保険調剤薬局世界中の有益な情報を医療関係者に提供する2016年卒業アステラス製薬株式会社 東京支店 日本橋営業所 大学に入学した当初、薬剤師の資格を活かして仕事をしたいとは考えていましたが、そのイメージは漠然としたものでした。充実した学生生活を送るなかで、卒業後の将来像について先輩や仲間と情報交換をしたり、大学の就職担当者からアドバイスを受けるなかで、医師を通じ多くの患者さんに広く有益な情報を提供できる製薬企業のMR職(医薬情報担当者)への関心が高まっていきました。 幅広い視野をもつために、就職活動では製薬企業に限定せず10社を超えるインターンシップに参加しました。そのなかで、医療用医薬品を真に必要とする患者さんへ届けることに注力する当社に魅力を感じましたね。他社に先駆け、がんの領域に着目して研究開発に取り組む姿勢にも共感を覚えました。製薬企業はグローバル化が進んでいますが、当社は日本発の新薬を提供できるポテンシャルを有していると考えます。 現在は都内の大学病院を担当し、日常診療に広く使われる薬剤について情報を提供するのが主たる業務です。MRは営業的な側面ももち合わせている一方で、医薬品自体は卸会社が販売しています。一般的なイメージと異なるかもしれませんが、MRの仕事は医薬品を売ることはではありません。医師そして患者さんに医療情報をお届けするのがMRの役割です。 日々の業務を進めるにあたっても、より有益な情報を提供すべく世界中で発表される医学論文に目を通すなど、製品だけにとどまらず医学界全体の情報に精通するよう心がけています。MRinterviewOB・OG Message葛祐妃 さんYuki Katsu土屋有加 さんYuka Tsuchiya西村礼 さんAkira Nishimura

元のページ  ../index.html#26

このブックを見る