昭和薬科大学 大学案内2019
13/40

月火水木金青山友美さんTomomi Aoyama 2年次から臨床系薬学科目として、前期に「医療倫理学」、後期に「臨床薬学Ⅰ」が始まります。「臨床薬学Ⅰ」は高学年で履修する臨床系薬学の専門科目や実務実習にスムーズにつながるよう配慮され、医療への意識を高める内容になっています。臨床薬学教育 薬学系の専門科目だけでなく、教養系も歴史・文学・美術・環境科学・社会学、医療と法など、多彩なジャンルから選択して学ぶことができます。また、異なる学年の学生同士が触れ合う貴重な機会ともなります。人と文化 専門教育の土台となる基礎薬学科目を全員が確実に修得できるよう、講義と演習・実習を組み合わせた統合的な教育を展開します。理論を学ぶ講義では、化学・物理・生物系の薬学科目群が大幅に増え、演習で問題を解き、午後の時間帯で実習・実験を行います。講義と演習・実習実務実習先の協力病院や保険薬局と連携し、臨床薬学教育の充実に努めています。2年次後期には大学病院や保険薬局で指導的な立場にある薬剤師がオムニバス形式で講義する「臨床薬学Ⅰ」を開講。早期から医療現場の実情や臨床薬剤師の役割を学びます。 高校と大学を結びつける高大連携プログラムに参加し、薬学部の公開授業を受けたことが薬学に関心をもつきっかけになりました。 大学には大教室で授業を受けるイメージももっていたのですが、オープンキャンパスで訪れた昭和薬科大学は先生が身近に感じられる環境でした。気軽に話しかけてくれますから、入学後も先生がサポートしてくれているという安心感があります。周りの仲間が同じ目標を目指し、一体となって勉強している単科大学の特色も魅力に映りましたね。 薬学部では高校で学ぶ化学・生物・物理・数学などが基礎科目になりますので、1年次はこうした科目の習得にあたり丁寧な指導が行われます。2年次になると専門科目が増え、本格的に薬学部での学びがスタートした実感が得られますし、薬そのものはもちろんのこと、薬が効くメカニズムなども興味深く勉強できますよ。 将来は病院の薬剤師として、患者さんに接しながら薬学の知識を活かしていきたいと考えています。将来の目標は病院薬剤師患者さんに接しながら薬学の知識を活かしたい基礎有機化学Ⅱ人と文化Ⅰ生体と薬物英語Ⅱ放射化学英語Ⅱ物理化学Ⅰ有機化学実習生理学人と文化Ⅵ:倫理生化学Ⅱ人と文化Ⅲ分析化学有機化学実習有機化学実習INTERVIEW2年次実務実習先の協力病院や保険薬局と連携し、臨床薬学教育の充実に努めています。2年次後期には大学病院や保険薬局で指導的な立場にある薬剤師がオムニバス形式で講義する「臨床薬学Ⅰ」を開講。早期から医療現場の実情や臨床薬剤師の役割を学びます。早期臨床薬学教育1時限目9:00~10:202時限目10:30~11:503時限目12:35~13:554時限目14:10~15:305時限目15:40~17:006時限目17:10~18:30timetable

元のページ  ../index.html#13

このブックを見る