日本大学生産工学部 学部案内2019
55/120

豊谷 純教授・博士(工学)教員一覧飯沼 守彦 コンピュータを使って、技術革新をおこす組織のメカニズムを探求石橋 基範 使いやすい製品開発のための人間の行動・感性の研究五十部 誠一郎 お客さんも従業員も満足できる外食ビジネスの提案大江 秋津 新しい技術を生み出すために、自発的に考えて行動する組織の研究河合 信明 技術やデザイン、コンテンツ等を法律でどう守るのか酒井 哲也 製品の寿命を考える研究。製品を長持ちさせるための研究柴 直樹 コンピュータを上手に使って効果的な経営を行うための研究鈴木 邦成 モノの流れをさまざまな会社の仕組みに合わせて効率化豊谷 純 コンピュータを活用してヒット製品を開発する平田 光子 「創る」ことを通して、ビジネスを成功に導くための研究水上 祐治 国際的な製品開発のプロジェクトマネジメント三友 信夫 原子力発電所等の大規模システムのリスクについての研究村田 康一 生産管理を担当する人を応援・サポートするための研究矢野 耕也 いろいろな製品の品質の良しあしを数値で判定する山本 壽夫 文化の仕組みを調べ、皆さんが住むまちの発展に役立てる研究吉田 典正 経営情報(売上など)を人が把握しやすいよう可視化若林 敬造 物流の効率化に関する研究マネジメント工学科ビジネスマネジメントコース3年東京都立杉並高等学校出身酒井 駿さんIT関係を学べるゼミであることから豊谷研究室を志望。先生は以前企業に勤めていらっしゃって、今まで培ってこられた生きたプログラミング技術を教えていただける点が魅力です。現在は、ITやマーケティングの基礎、商品開発の企画など、幅広い学びを得ることができています。私はプログラミングも全くの初心者だったため、プログラミング実習は苦労することもありましたがその分達成感も大きいです。ITを駆使して経営に活かせる研究を行っています。売れる製品を設計するためのマーケティング分析や、コンピュータやロボットとAIによる業務効率化など、経営知識とエンジニアリングに基づく研究の面白さを、みなさんと共感したいと思います。学生先生マーケティングやAI(人工知能)など幅広いテーマでの研究教員が実際にコンピュータ業界で働いていた知識と経験を活かして、マーケティングによるヒット商品の要因分析、さらにデータマイニングやビッグデータを対象とした研究を行っています。またAIによる業務効率化も、その特性を解明して研究成果を出しています。豊谷 純 研究室マーケティングでは、ヒット商品の人気要因分析を行ったり、世の中の流行やトレンドを分析することができます。またAIを活用して人間が判断していた仕事を効率化することができます。社会のこんなところで応用されている研究室紹介54

元のページ  ../index.html#55

このブックを見る