日本大学生産工学部 学部案内2018
42/88

学びのポイント新しい物質をつくるという可能性の追求地球上に存在する物質はすべて、わずか100数種類の元素の組合せによってできています。その組合せを研究し、新たな機能を持つ物質をつくり出すのが化学。暮らしを豊かにするための新しい機械、医薬品、建築物はすべて新しい化学物質(材料)によって実現されます。つまり、化学はすべての科学技術の基盤となる”The Central Science”です。1POINT科学技術の発展と環境との共生のために豊かな未来をつくるスタート地点となる化学。化学をあつかう者には地球の未来を考える責任が伴います。本学科では総合的な知識に加え、サステイナブル(持続可能)で環境にやさしいものづくりを行うグリーンケミストリーを理解し、創造性・独創性を備えた技術者の育成を目指します。2POINT社会のニーズに応える人材を育成する3コース分子レベルの視点から新しい材料・物質をつくり出す「物質デザインコース」、生体機能の利用やバイオテクノロジーを基盤としたものづくりを行う「生命化学コース」に加え、教育の国際水準に応える「国際化学技術者コース」の3コースを設置しています。3POINT新たな機能を持つ物質をつくりだし、あらゆる分野で人と社会、地球環境に役立てる応用分子化学科アドミッション・ポリシーディプロマ・ポリシー応用分子化学科では、日本大学の目的及び使命、日本大学教育憲章、生産工学部の教育目標及び応用分子化学科の教育研究上の目的に基づいた教育課程により、応用分子化学科のディプロマ・ポリシーの各項目を修得している者に学士(工学)の学位を授与する。応用分子化学科では、生産工学部の教育目標を踏まえ、学科のディプロマ・ポリシーに適う人材を養成するため、教養科目、基盤科目、専門教育科目、連携科目、生産工学系科目、実技科目及び初年次教育とキャリア教育に関連する科目で構成される体系的なカリキュラムを編成し、実施する。また、各科目における教育内容・方法、成績評価方法及び評価基準をシラバス等で明示し学生に周知した上で、公正かつ厳正に評価を行う。カリキュラム・ポリシー教養科目、基盤科目及び専門教育科目を複合的に学修することにより、豊かな教養、幅広い自然科学の基礎知識及び化学関連の専門知識を身につけると共に、倫理的原則に基づいて、科学技術が社会及び自然に及ぼす影響や効果を説明できる。教養科目、基盤科目及び専門教育科目を複合的に学修することにより、グローバルな視点から問題を捉え、自律的に獲得した知識や情報に基づいて説明できる。専門教育科目を学修することにより、化学分野の専門的知識を継続的に学び、化学的現象あるいは生命機能などを分子論に基づいて熟考できる。連携科目、生産工学系科目及び実技科目を複合的に学修することにより、生産工学に関する知識・技能を活用し、携る技術の問題について、解決策を提案できる。生産工学系科目を学修することにより、経営管理能力を有する技術者として、自然、生命及び社会に対する責任を持ち、人類の幸福を念頭において持続可能な社会の構築に向けて取り組むことができる。基盤科目と専門教育科目を複合的に学修することにより、国内外の異なる考えを理解し、議論の中で自らの考えを伝えることができる。実技科目を学修することにより、協働の中で役割を認識し、実践的な課題に取り組むことができる。初年次教育とキャリア教育に関連する科目を複合的に学修することにより、自己を知り、振り返りを通して技術者としての自己を高めることができる。■■■■■■■■豊かな教養、自然科学の基礎知識及び化学関連の専門知識を身につけると共に、倫理的原則に基づいて、科学技術が社会及び自然に及ぼす影響や効果を説明できる。グローバルな視点から問題を捉え、自律的に獲得した知識や情報に基づいて説明できる。化学分野の専門的知識を継続的に学習し、化学的現象あるいは生命機能などを分子論に基づいて熟考できる。生産工学に関する知識・技能を活用し、携る技術上の問題における解決策を提案できる。経営管理能力を有する技術者として、自然、生命及び社会に対する責任を持ち、人類の幸福を念頭において持続可能な社会の構築に向けて取り組むことができる。国内外の異なる考えを理解し、議論の中で自らの考えを伝えることができる。協働の中で役割を認識し、実践的な課題に取り組むことができる。自己を知り、振り返りを通して技術者としての自己を高めることができる。■■■■■■■■応用分子化学科では、日本大学の目的及び使命、日本大学教育憲章、生産工学部の教育目標及び応用分子化学科の教育研究上の目的を実現するために、以下に示す「求める学生像」を理解して意欲的に学修を進めていくことのできる者を求めています。「求める学生像」(1)応用分子化学科での履修に必要な基礎学力を有する人。(2)自らの考えをまとめて表現し、協調して課題に取り組む人。(3)人類の幸福を念頭において、修得した化学に関する知識や経験等を活かしてさまざまな産業分野やビジネス分野でグローバルに活躍する意欲を持つ人。41

元のページ  ../index.html#42

このブックを見る