日本大学生産工学部 学部案内2018
41/88

多くの人を動かし建物を形にしていく薄波 秋帆さん大和ハウス工業株式会社2013年3月卒業都立竹早高等学校出身小さい頃からものづくりが好きで建築という分野を選びました。1・2年次で印象に残っているのは構造の授業で、力学の基本を学びました。3年次は、ゼミでの模型づくり。その模型は、ある方向から力を加えたときにどこを補強したら壊れにくいかを考え作製するものでしたが、この考え方が今の仕事でも活きています。生産実習は設計事務所で、毎日模型をつくりました。朝から夜遅くまで実習をし、働くことの大変さというものを学びました。4年次は可動式のドームについて研究。実際に動く模型をつくり、ものづくりの楽しさを改めて実感しました。施工管理として、安全・品質・コスト・工程・モラル・環境などを管理しながら、現場を動かし、建物をつくっていきます。現在所属している部署は流通店舗や物流倉庫等、大規模な物件が主流で、ときには300名を超える人たちが現場で働いています。実際の形にしていくためには設計からあがってくる図面をもとに、施工が行えるようミリ単位で細かく図面に起こしていきます。さらに、工期に遅れが出ないよう、全体を見ながらスケジュールを管理。例えばどのクレーンなら何トンまで積めてどこまで届くか等、CADでシミュレーションを行いながら、搬入等についても計画を立てていきます。こうした場面で、大学で学んだ全体を見る視点が活かされていると感じます。建物を形にしていくためのあらゆることを行う。それが施工管理の仕事です。日々、ハプニングの連続ですが、やはり建物ができ上がっていく過程を間近で見られるのは、この仕事ならではの醍醐味だと思います。現場には鉄筋や設備関連など、さまざまな工種の業者が入っていますが、施工管理はそういったすべての方たちを動かしていく立場にありますので、とにかく毎日が勉強です。また、多くの人を巻き込んでひとつの建物をつくりあげていくわけですから、何よりコミュニケーションが大事ですね。流通店舗など大規模建築物は地域社会の中に息づき、その後もたくさんの人に使われていきます。大変な仕事ですが自分の携わったものが形として残る喜びがあります。おもな就職先目指す資格就職業種取得できる資格中学校教諭免許状【理科】 (1種/教職課程を履修)高等学校教諭免許状【理科】 (1種/教職課程を履修)高等学校教諭免許状【工業】 (1種/教職課程を履修)(株)大林組、鹿島建設(株)、清水建設(株)、大成建設(株)、(株)竹中工務店、大和ハウス工業(株)、戸田建設(株)、西松建設(株)、(株)安藤・間、三井住友建設(株)、(株)日建設計、(株)日本設計、(株)三菱地所設計、(株)NTTファシリティーズ、積水ハウス(株)、ミサワホーム(株)、(株)乃村工藝社、(株)丹青社、大成有楽不動産(株)、東急リバブル(株)、新菱冷熱工業(株)、高砂熱学工業(株)、ダイダン(株)、(株)遠藤照明、(株)LIXIL、日本アイ・ビー・エム(株)、東日本旅客鉄道(株)、経済産業省、東京都庁、千葉県庁一級建築士二級建築士木造建築士構造設計一級建築士設備設計一級建築士技術士・技術士補建築施工管理技士インテリアプランナーエクステリアプランナーコンクリート主任技士建築設備士管工事施工管理技士建築積算士再開発プランナー宅地建物取引士土地家屋調査士福祉住環境コーディネーター建設業製造業電気・ガス、熱・供給、水道業進学卸・小売業情報通信業不動産業飲食店・宿泊業複合サービス業教育・学習支援業サービス業公務員運輸業私の4年間40

元のページ  ../index.html#41

このブックを見る