日本大学生産工学部 学部案内2018
36/88

学びのポイント能動的学習スタイルで知識や技術を確実に定着一方的に知識を伝えるのではなく、課題研究やプロジェクト活動、ディスカッション、プレゼンテーションなどを通じて、自分で考え、身体を使いながら学んでいく『アクティブラーニング』という学習方法を採用。発想力や応用力、対話力を養成し、問題解決能力を備えた人材を育てます。建築にとどまらない幅広い分野の修得建築とは人間の生活環境を創造する学問。そのベースとなるのは住宅・家具や都市空間の建設技術です。ただし人々の精神に潤いを与えるものづくりには、社会科学や人文科学、芸術学といった学びが必要となります。本学科では幅広い分野を総合的に、横断的に学んでいきます。1POINT知識+αを学び現場で活きる即戦力へ建築デザイナーや技術者として社会で活躍するには、建物に関する専門知識や技術だけでなく、建築物に関連するさまざまな領域について横断的に考えるマネジメント力、専門家たちをまとめ上げるオーガナイザーとしての力が求められます。本学科では、こうした実践力も合わせて修得します。2POINT3POINT建築にとどまらない幅広い領域から総合的に物事を捉える実践力を持った技術者を養成建築工学科アドミッション・ポリシーディプロマ・ポリシー建築工学科において、日本大学の目的及び使命、日本大学教育憲章、日本大学の教育理念「自主創造」、学部教育目標、学部のディプロマ・ポリシー及び建築工学科の教育研究上の目的に基づいたディプロマ・ポリシーの項目を修得している者に学士(工学)の学位を授与する。建築工学科において、教育目標を踏まえ、大学および学部のディプロマ・ポリシー及び学部のカリキュラム・ポリシーにかなう以下の人材養成を目的としたカリキュラムを編成し実施する。また、各科目における教育内容・方法、成績評価方法、及び評価基準をシラバス等で明示し学生に周知した上で、公正かつ厳正に評価を行う。カリキュラム・ポリシー国家試験である一級建築士受験資格の指定履修科目を中心としたカリキュラムを学修することにより、建築分野に必要な幅広い専門知識を修得し、また建築技術者としての倫理観を身につけることができる。専門教育科目と生産工学系科目の学修により、国際的視野に立って情報を収集・分析し、自らの考えを効果的に説明することができる。設計演習と建築実験を学修することにより、情報を収集・分析し、検証に基づいて論理的かつ批判的に思考することができる。実験実習科目等の学修を通して、新たな課題を解決するために自ら学び、自らの意思を持って他者と協働することができる。生産実習を中心とした生産工学系科目を通じて経営管理能力を修得するとともに、建築技術者として新しいことに果敢に挑戦することができる。専門科目における少人数教育を通して、教員やほかの学生との交流からコミュニケーション能力を身につけることができる。実験実習科目、ゼミナール、卒業研究等における少人数教育を通して、新たな課題を解決するために自ら学び、自らの意思を持って他者と協働することができる。初年次教育及び生産工学系のキャリア教育に関連する科目の学修により、自己を知り、振り返りを通じて建築技術者としての自己を高めることができる。■■■■■■■■計画、構造、環境・設備、材料・施工の専門分野における総合的知識を持ち、高い倫理観を醸成することができる。専門分野において国際的視野に立ち、必要な情報を収集・分析して自らの考えを説明することができる。専門知識を活用し、自らの考えを論理的、批判的に構築かつ実践できる。専門分野に関する知識・技能等を活用し、新たな問題を発見し、解決策を提案することができる。経営管理能力を有する建築技術者として、新しいことに果敢に挑戦することができる。専門分野における国内外の異なる考えを理解し、違いを明確にしたうえで議論し、自らの考えを伝えることができる。グローバル化する知識基盤社会の一員として建築技術の進歩に適応し、他者と協働することができる。自己を知り、振り返りを通じて建築技術者としての自己を高めることができる。■■■■■■■■建築工学科において、日本大学教育憲章に則り、自ら学び、自ら考え、自ら道をひらく能力を有し、社会に貢献できる人材を育成します。このため建築工学科では、高等学校課程までに修得した知識 ・教養・倫理観を基に、以下に示す「求める学生像」を理解して意欲的に学修を進めていく ことのできる者を求めています。「求める学生像」(1) 住居・建築・都市・地域環境に深い興味を持ち、社会に貢献することを目標とし、その目標に向かって自ら継続的に取り組むことができる人。(2) 観察力・表現力・対話力・創造力を有し、問題解決能力・応用能力の基盤となる知識や技術を修得し、自ら表現しようと努力する人。(3) 社会性・協調性を有し、ボランティア・コミュニティ活動、各種コンクールなどに積極的に挑戦する意欲がある人。(4)グループやチームをとおして自己を高め、さらに挑戦することや振り返ることの必要性を理解した上で、建築における経営や生産管理ができる技術者になろうとする人。35

元のページ  ../index.html#36

このブックを見る