日本大学生産工学部 学部案内2018
23/88

自分が設計したものが世界中で使われる喜び市川 一成さんスズキ株式会社2012年3月卒業 / 2013年3月修了杉並学院高等学校出身機械工学科は入ってみると旋盤をしたり実際にものに触れる機会が多い。工学系は勉強ばかりするイメージでしたが自分の手を動かして学べたことが新鮮でした。1・2年次はエンジンの組立・分解など機械の基礎を習得。3年次はエンジンの設計から製図まで実際に行いましたが、思うように結果が出ないなど、ものづくりの難しさを痛感しました。4年次は企業との共同研究を行いましたが人間工学系の研究であったため、一人ひとり違って想定される結果が出てこないなど、企業において研究開発を行っていく上での厳しさにも触れました。四輪トランスミッション設計部でAT・CVTトランスミッションのシフトデバイス関係の設計を行っています。小さいころからミニ四駆やプラモデルが好きでものづくりに興味があったため、機械工学科に進学。学部卒業後、大学院に進学しましたが、そこでは人間工学を専攻。企業との共同研究も行いました。この仕事を選んだのは、人の手が触れる、目に見える部品の設計がしたかったから。また、人間工学を専攻していたこともあり、操作に関わる仕事がしたいという想いもありました。日々設計に携わっていて感じること。それは、自分が設計したものが世界中のスズキの車を愛用する人に使われている、これほど技術者冥利につきることはないということです。カタログに自分が設計したものが掲載されているのを見るとほんとうにうれしいです。大学では実際のものに触れる大切さを学びました。機械系の学部なり学科であれば設計は学ぶと思いますが、実際のものを前にして、それを図面に起こすことはなかなかできないと思います。機械工学科では、現物に触れる体験をたくさんしてきました。だからこそ、自分の目で見て計測してということが自然とできるようになったと思います。今の仕事では、現場、現物、現実という「3つの現」を重視する三現主義をベースとして設計しており、大学での学びがこうしたところで活きていると感じます。おもな就職先目指す資格就職業種取得できる資格中学校教諭免許状【理科】 (1種/教職課程を履修)高等学校教諭免許状【理科】 (1種/教職課程を履修)高等学校教諭免許状【工業】 (1種/教職課程を履修)Private Pilot License<FAA>CSWA<SolidWorks Corporation>(株)クボタ、(株)フジキン、(株)フジタ、(株)岡村製作所、(株)関電工、(株)日産テクノ、JFEスチール(株)、NTN(株)、SMC(株)、TDK(株)、アマノ(株)、いすゞ自動車(株)、スズキ(株)、トーヨーカネツ(株)、鬼怒川ゴム工業(株)、共立印刷(株)、三愛石油(株)、山九(株)、鹿島建設(株)、清水建設(株)、西日本旅客鉄道(株)、双葉電子工業(株)、大成建設(株)、東海旅客鉄道(株)、東京地下鉄(株)、矢崎総業(株)、東京二十三区清掃一部事務組合、文部科学省、防衛省、(学)日本大学技術士 ボイラー技士エネルギー管理士 航空従事者技能証明(自家用飛行機操縦士)自動車整備士 教育職員免許(理科・工業)溶接管理技術者 CAD利用技術者 電気・ガス、熱・供給、水道業建設業製造業不動産業飲食店・宿泊業教育・学習支援業金融・保険業情報通信業運輸業サービス業公務員進学卸・小売業私の4年間GRADUATE'S VOICE22

元のページ  ../index.html#23

このブックを見る