日本大学生産工学部 学部案内2019
20/88

未来の自動車、航空機、ロボット。人と機械の可能性を大きく変える。誰もが気軽にロボットを学べる、恵まれた環境創造性と実用性を兼ね備えたロボット技術者のエキスパートを育成する生活を支援するロボット、学習を支援するロボット、接客するロボット・・。これからの社会で活躍が期待されるロボット技術を「触れる」「創る」「企画する」という流れで段階的に学びます。また、研究センターで知識を深めることにより、創造性と実用性を兼ね備えたロボット技術者のエキスパートを育成します。高校1年生のときにコピー機が複写される仕組みを父から学んで、ロボットへ興味を持つように。高校3年生になって「Robo-BE」を知って、生産工学部に行きたい!と気持ちが固まりました。前期の授業では専用キットを組み立ててロボットを作り、PCを使って前進や停止、回転させるプログラミングを勉強しました。後期の授業は二足歩行ロボットを作成し、重心や足の角度などの細かいプログラミング調整も行いました。組み立てに時間がかかりましたが、一歩ずつ動いたときの感動は今も忘れられません。「Robo-BE」を通じてロボットを制御する難しさや面白さを実感し、将来は人の役に立つロボットを作りたいという意欲が高まっています。受講前はついていけるのか不安もありましたが、フランクに接してくれる先生方に分からないことをすぐに聞けるため、楽しみながら学んでいます。また、3名程のチームでロボットを作るので、仲間の工夫や発想からいい刺激をもらえるのも魅力です。ロボットはプログラムで動くから完璧ですが、作るのは人間だから失敗することも。そこから得られるものもあるから、できないから諦めるのではなく、いろいろな経験をして成長したいです。▶ 電気電子工学科 eコミュニケーションコース1年 安井 杏奈さん東京都私立江戸川女子高等学校出身19

元のページ  ../index.html#20

このブックを見る