日本大学生産工学部 学部案内2019
19/120

学科とは別の経営という分野も学んで視野を広げたかったことから「Entre-to-Be」を受講。1年次は学内の先生や学外の講師の方から話を聞き、2年次はそこから得た知識を活かしてグループ学習に取り組みました。講師は毎回異なる方で、実際に企業の経営に携わっている方や弁護士などさまざま。お金の運用の仕方や成功体験はもちろん、失敗談やそれをどうやって乗り越えたかといった経験談まで、リアルな話を聞くことができ、刺激を受けました。そのような話を聞くと失敗してもいいからやってみることが大事なんだと考えられるように。また、グループ学習ではチームを組んで新規事業計画など長期間一つのことにみんなで取り組んでいきます。学科の授業でもグループワーク自体はありますが、ここまで時間をかけて、かつ他学科の学生ともチームを組むことはありません。チームでやり遂げる大変さを感じた一方、それを乗り越えたときの達成感など得るものも大きかったです。特に埼玉県春日部市が主催する「かすかべビジネスプランコンテスト」に参加し、学生部門最高賞を受賞した経験は大きな自信に。授業での事前のプレゼン、書類選考を経て、最終選考で学識経験者の方達を前にプレゼンしました。先生や講師の方のアドバイスもいただきながら、授業外でもグループのみんなで集まり何度もブラッシュアップ。受賞の知らせを受けたときは嬉しいというより、積み上げてきたものが評価されたんだとほっとした気持ちに。受講する前は正直ここまでいろいろなことを学べるとは思っていませんでした。学科の学びとの並行は大変ですが、生きた経営の話を聞いたり他にはない経験ができます。学びたいという想いが強い人はここでどんどん吸収できるはず。自分自身は将来多角的にものごとを見られるような人になりたい。その第一歩が「Entre-to-Be」になったと思います。Entre-to-Beプログラムの特長Entre-to-Be学生部門最高賞を受賞したチームメンバー経営思考のエンジニアを育てる日本大学の理工系学部で初のスペシャルプログラム生産工学部と商学部の学部連携・産学連携型プログラム実際に経営に携わる講師から生きた経営の話が聞けるグループ学習でチームワークを鍛えることができる18

元のページ  ../index.html#19

このブックを見る