日本大学生産工学部 学部案内2019
10/120

生産実習先:隈研吾建築都市設計事務所意匠が優れている建築への憧れから、生産実習では有名な事務所を訪問したいと考えていました。実習先として学校推薦の数ある企業の中から、世界で知られる隈研吾建築都市設計事務所を思い切って志願。3週間の実習では、社員の方とともに実際に動いているプロジェクトを進めました。敷地模型用のコンターラインをAutoCADで作成し、建造物の大まかな形や間取りを考え、スタディ模型を作るという流れを経験。はじめは与えられた業務をこなしていましたが、少しずつ自ら考えることが増えるにつれて、大まかなプランを素早く出せない、やりたい作業を優先し帰宅時間が遅くなってしまうなど、仕事の厳しさに直面しました。そこから得られたのは、物事を考えるときに情報を整理し、順序を立てて進めていくことが大事だということ。最初に決めたことはできる限り守って考え抜くことを社員の方から教わり、仕事に対して責任感を持つことの大切さと、働くときは時間と自己管理が必要不可欠ということを学びました。大変だからこそ、得られる達成感は大きかったです。大まかに11の設計プランのアイデアを出して社員の方が代表にプレゼンを実施。そこから案が絞られ、最終的に敷地内で独立している建物が一つにつながるプランが採用され、自ら考えたアイデアが形になって評価された▶ 建築工学科 居住空間デザインコース3年千葉市立千葉高等学校出身田中 夏美さん生産実習1理由たくましいエンジニアになれる有名建築家・隈研吾氏が率いる設計事務所。木材を大胆に取り入れ、「和」のイメージとモダンな建築様式を融合させた建築物が特徴的。国内外で評価が高く、栄誉ある賞を数多く受賞している。Beforeデザイン性に富んだ建築物の設計に興味があった09

元のページ  ../index.html#10

このブックを見る