日本大学生物資源科学部 学部案内2018
68/84

66誰もが世界へ羽ばたける、自由な校風が好き。途上国の農業・農村に、人材という種子を広げています。国際地域開発学科には、海外へインターンに行く人、NPOで活躍する人、留学する人などいろんな学生がいます。だれもが自由に羽ばたける校風があるというところが、私はとても気に入っています。自分自身、入学してからいろんな活動に参加しました。カンボジアではNPO法人HEROの学生支部代表として、シェムリアップに子どもたちが無償で通える小学校を建設するプロジェクトに関わっています。また、フィリピンへのスタディツアーでは、植林活動に参加し、国内では陸前高田市の町おこしの企画立案に携わりました。いずれも学外の活動ですが、すべてのきっかけをつくってくれたのはこの学科や学科の仲間だと感謝しています。中学生の頃から青年海外協力隊に興味があり、海外でのフィールドワークを重視している国際地域開発学科に入学しました。卒業後は、留学や海外での支援活動を続けていましたが、専門知識を高め、より大きな舞台で国際協力に関わりたいと思い、農業・農村開発に強みのあるこのコンサルタント会社に入社しました。現在の主な仕事は、アンゴラの稲作開発プロジェクトです。1年の半分は現地に赴任し、農業普及員や行政官の研修指導などに当たっています。そうした人たちが私たちと仕事をすることで自信を持ち、懸命に農村を巡回する姿を見ると、やりがいを感じますね。また、遠い国で貴重な文化や風習に触れることができるのも、この仕事の喜びです。フィリピン研修で現地の産業を見学アンゴラの稲作開発プロジェクトブルンジの村における聞き取り調査小学校開校を喜ぶカンボジアの子供たち在校生インタビュー卒業生インタビュー資格と就職資格(一部変更になる場合があります)将来の活躍分野【取得できる免許・資格】高等学校教諭1種免許(公民、農業)、中学校教諭1種免許(社会)、自然再生士補【任用資格(卒業後の実務経験により取得できる資格)】学芸員【受験資格】化学分析技能士、甲種危険物取扱者、バイオ技術者認定試験(中級・上級)JICA(国際協力機構)などの政府系国際協力機関、NGO(非政府組織)、貿易、製造、旅行、運輸、金融、保険、公務員など、進路は多岐にわたります。青年海外協力隊員として活躍する卒業生や、大学院へ進学する者もいます。最近の主な就職先全日本空輸(株)ANAインターコンチネンタルホテル(株)星野リゾート・マネジメントリゾートトラスト(株)(株)日本旅行東日本旅客鉄道(株)(株)セブンイレブンジャパンパナソニック(株)住友不動産販売(株)(株)イオンフォレスト2016年度 卒業生の主な就職分野国際地域開発学科杉崎 裕里さんNTCインターナショナル株式会社企画本部企画営業部 勤務堀 真理子さん 2007年 国際地域開発学科 卒業

元のページ  ../index.html#68

このブックを見る