日本大学生物資源科学部 学部案内2018
48/84

46料理番組や学部祭で、ゼミから社会へ情報発信。生産者と消費者をつなぐ、架け橋として働く喜び。食品ビジネス学科は1年次からゼミがスタートします。ゼミごとの学生数も比較的少なく、先生との距離も近いので楽しく勉強できると思います。私の所属するフードコーディネート研究室は、自主的な情報発信の機会がとても多いところが魅力です。例えば、地元CATVの番組「ふじさわ情報ナビ」の中に、「ふじさわごはん」という料理のコーナーがあります。そこに私たちが出演し、ゼミの仲間で考え試作した料理のレシピを紹介しています。また、学部祭では私がリーダーとなり、食品の官能評価に関するワークショップを行い、好評を博しました。こうした活動を通じ、積極性や主体的に物事を考える力が鍛えられてきたように感じています。らでぃっしゅぼーや株式会社は、全国2,600軒の生産者・メーカーと直接契約し、独自の基準に基づいて厳選した商品を、会員の皆様にお届けしています。この会社との出会いは、所属していたゼミの先生からの紹介です。私は大学時代、スローフードやこだわりの農産物などについて学ぶことが多かったので、生産者の思いを消費者につなぐという社の理念に共感し、ここなら自信を持って働けるのではないかと入社を決めました。現在は首都圏営業課で配送の管理などを担当しています。当社は個別宅配で実店舗をもたないため直接お客様と接する配送クルーの役割は重要です。彼らを通じてお客様の声を聞くことができるのは、ここでのモチベーションとなっています。調理学実習で和食に挑戦大切なお客様への商品配送を管理配送クルーにお客様の声を確認CATVの料理番組に出演在校生インタビュー卒業生インタビュー資格と就職資格(一部変更になる場合があります)将来の活躍分野【取得できる免許・資格】高等学校教諭1種免許(公民、農業)、中学校教諭1種免許(社会)、社会調査士、フードコーディネーター(3級)、食の6次産業化プロデューサー(レベル1、レベル2) 【任用資格(卒業後の実務経験により取得できる資格)】学芸員 【受験資格】フードスペシャリスト多くの学生が、食品・飲料・菓子などの製造業、小売・卸売業、外食産業などの食品関連産業や金融・情報産業に就職しています。企画開発や営業部門、さらには食品製造・加工会社の後継者として活躍している卒業生も少なくありません。最近の主な就職先(株)ロッテ(株)ブルボン(株)不二家(株)永谷園キユーピー(株)サントリーホールディングス(株)(株)伊藤園大塚食品(株)日本ハム食品(株)伊藤ハム(株)2016年度 卒業生の主な就職分野食品ビジネス学科吉田 瑞穂さんらでぃっしゅぼーや株式会社首都圏センター 首都圏営業課 勤務小野 辰徳さん 2008年 食品経済学科(現 食品ビジネス学科)卒業

元のページ  ../index.html#48

このブックを見る