日本大学生物資源科学部 学部案内2019
14/84

12日本大学生物資源科学部では、企業の人事採用担当者に直接話を聞ける「学内合同企業セミナー」を毎年度、複数回にわたり実施しています。2017年度は、計3回の開催で約440もの企業・団体が参加しました。このセミナーは、さまざまな企業の特徴や仕事の内容を理解して自分の希望進路を明確にし、その後の就職活動を成功につなげていく絶好の機会になっています。また、採用数の多い人気企業の人事担当者が個別の模擬面接を行う「企業人事模擬面接指導」も毎年開催しています。2017年度はバイオ・食品分野を中心に10社の人事担当者が、本番さながらの面接を学内で実施し、参加学生一人ひとりに貴重なアドバイスを行いました。本学部では、このような学生と企業の人事担当者が直接顔を合わせる前段階の準備活動として、業界の全体像や仕事の概要などを知るイベントも豊富に実施しています。具体的には、「会社四季報」や「就職四季報」など企業の詳細な情報を掲載する書籍の編集担当者が企業情報の読み解き方を指南する「四季報活用講座」や、日本経済新聞の現・元記者らが取材経験に基づく視点で業界について解説する「業界ガイダンス」、企業の業務や職種への理解を深める「企業研究講座」などがあります。学生はこれらのイベントを通じて、業界・企業に関して理解しておくべき基本的な知識を学び、その後の本格的な就職活動を効果的に進めることが可能となります。本学部では、将来官公庁や地方自治体などで働く公務員をめざす学生のためにも充実した支援制度を用意しています。「公務員試験教養科目講座」は、公務員試験対策で実績のある大手予備校から専任講師を招き、各種公務員試験に共通する基本教養試験科目の対策に取り組む課外講座。質の高い講義を手軽な料金負担で受講することができます。また、学部の専任教員約50人が担当して、国家総合職、国家一般職、地方上級職、市町村での各種専門職種試験に対応した講義を行う「公務員試験専門科目講座」も開講しています。多くの企業が、生物資源科学を学んだ人材に大きな期待を寄せています。日本大学生物資源科学部は、社会の幅広い分野に多くの優秀な人材を輩出することで、産業界との間に揺るぎない信頼関係を築いています。学内で行われるさまざまな就職関連イベントに、業界を代表する有力企業をはじめ、多くの企業・団体が参加している事実が、本学部の学生に対する注目と期待の大きさを物語っています。学内の就職支援イベントに440社以上が参加公務員志望者にも手厚いサポートを実施

元のページ  ../index.html#14

このブックを見る