愛知県立芸術大学 大学案内2017
67/94

065美術研究科博士前期課程目的 Purpose 美術研究科博士前期課程は、学部教育を基礎とした美術専門教育の充実を図りながら、芸術の学際的教育研究に対応した柔軟な教育課程を編成・提供することにより、現代の様々な芸術表現や社会の要請に対応した高度な専門的能力を有する人材を養成することを目的とする。アドミッション・ポリシー Admission Policy 大学院美術研究科は平成21年4月より博士前期課程、後期課程を設置しました。研究科博士前期課程は一専攻6領域とし拡大する芸術表現研究を可能とする体制としています。博士後期課程はより高度な芸術表現研究を行える環境を整えています。このような環境において目的意識と研究意欲の高い学生を求めています。また、高度な美術表現研究により、将来の美術、芸術界を担うべく人材を求めています。博士後期課程目的 Purpose 美術研究科博士後期課程は、高度な専門的能力に理論的分析能力、表現能力を加えることによって、自立して活動し得る芸術家・研究者、及び美術・デザインの高度の専門性が求められる多様な社会的場において中核的・指導的役割を担うことができる人材を養成することを目的とする。アドミッション・ポリシー Admission Policy 美術研究科博士後期課程は、美術・デザイン分野の高度な専門能力を有した人材に対し、さらに理論的分析能力、表現能力を与えることにより、自立して活動し得る芸術家・研究者や美術・デザイン分野における多様な社会的場において指導的・中核的役割を担うことができる人材を養成することを目的としています。このため、本課程は、美術・デザインの高度な専門能力を有するほか、美術・デザイン分野の真に自立した研究者及び表現者となるべき豊かな素養と能力を備えた人材を広く学内外(留学生を含む)から受け入れます。音楽研究科博士前期課程目的 Purpose 音楽研究科博士前期課程は、学部教育を基礎とした音楽専門教育の充実を図りながら、芸術の学際的教育研究に対応した柔軟な教育課程を編成・提供することにより、現代の社会の要請に対応するのみでなく、社会の需要を自ら掘り起こす能力を身につけた人材を養成することを目的とする。アドミッション・ポリシー Admission Policy 大学院音楽研究科博士前期課程は平成19年度より一専攻7研究領域に改組し、学部、専攻、領域の垣根を超えた柔軟で横断的な教育・研究システムの構築を目指しています。さらに、より高度な研究に対応するために平成21年度には博士後期課程を設置しました。「より深く、より柔軟に」を教育・研究のモットーとする環境のなか、高度な専門性と領域を超えた幅広い知識、旺盛な国際感覚を駆使して自ら社会のニーズを掘り起こす能力を磨き、将来の音楽界を担うべく人材を求めています。博士後期課程目的 Purpose 音楽研究科博士後期課程は、高度な専門的能力に理論的分析能力、表現能力を加えることによって、自立して活動し得る研究者や音楽芸術分野における多様な場において中核的・指導的人材となり得る表現者を養成することを目的とする。アドミッション・ポリシー Admission Policy 音楽研究科博士後期課程は、音楽芸術の高度な専門能力をもった人材に対し、さらに理論的分析能力、表現能力を与えることにより、自立して活動し得る研究者や音楽芸術分野における多様な場において指導的・中核的人材となり得る表現者を養成することを目的としています。このため、本課程は、音楽芸術の高度な専門能力を有するほか、自立した研究者・表現者となる豊かな素養と能力を備えた人材を受け入れます。

元のページ 

page 67

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です