愛知県立芸術大学 大学案内2017
64/94

062稲垣 路子 トランペット奏者愛知県名古屋市出身。愛知県立天白高等学校を経て2003年本学卒業。桑原賞受賞。卒業演奏会、ヤマハ新人演奏会に出演。2008年、第25回日本管打楽器コンクールトランペット部門第1位、翌2009年には第78回日本音楽コンクールトランペット部門第1位に輝き、女性として初めて日本2大コンクールを制覇した。2010年、名古屋・広小路ヤマハホールにてソロ・リサイタル開催。これまでにソリストとして、梅田俊明指揮日本フィルハーモニー交響楽団、現田茂夫指揮東京交響楽団、吉住典洋指揮セントラル愛知交響楽団、円光寺雅彦指揮中部フィルハーモニー交響楽団、飯守泰次郎指揮新日本フィルハーモニー交響楽団、外山雄三指揮オーケストラ・アカデミカなどと共演。ブラスアンサンブル・ロゼ、KITO,Akira Brass Band!メンバー。大阪音楽大学、相愛大学音楽学部、滋賀県立石山高等学校音楽科非常勤講師。トランペットを竹本義明、津堅直弘、武内安幸の各氏に師事。日本(旧大阪)センチュリー交響楽団を経て、現在京都市交響楽団団員。活躍する卒業生卒業後の進路 世界的なソリストとして欧米の著名オーケストラや指揮者と共演し活躍、自己のアンサンブルを率い積極的な活動を展開、Jaza/Pops業界でライブ活動や独自のプロジェクトを展開するなど、個性豊かなアーティストを数多く輩出しています。[演奏団体]新日本フィルハーモニー交響楽団、京都市交響楽団、名古屋フィルハーモニー交響楽団、大阪フィルハーモニー交響楽団、山形交響楽団、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、ドルトムント歌劇場管弦楽団、フィンランド放送交響楽団、ベルン交響楽団、香港フィルハーモニー交響楽団、香港シンフオニエッタ、中国広州シンフォニーオーケストラ、大阪市音楽団、愛知県警察音楽隊、静岡県警察音楽隊、神奈川県警察音楽隊、航空自衛隊中央音楽隊、海上自衛隊東京音楽隊[就職]三井住友海上しらかわホール、ヤマハ株式会社、株式会社ヤマハミュージック名古屋、村松楽器販売株式会社、アカデミア・ミュージック株式会社、東京二期会マネジメント事業部、日本生命、慶應病院[教員]高等学校教員、中学校教員、小学校教員多数[進学]愛知県立芸術大学大学院[留学等]ミュンヘン・リヒャルト・シュトラウス音楽大学、リヒャルト・シュトラウス音楽院、ザルツブルク・モーツァルテウム音楽大学、ヴァイマール・フランツ・リスト音楽大学、デトモルト音楽大学、パリ音楽院、アムステルダム音楽院、ボストン音楽院、ウィーン国立芸術大学、アントン・ブルックナー音楽大学加納 三栄子(右) 打楽器奏者10歳よりマリンバを始める。岐阜県立加納高等学校音楽科を経て2000年本学卒業。打楽器を今村三明、マリンバを大江暢子、神谷百子の各氏に師事。現在、岐阜県立加納高等学校音楽科非常勤講師。加納 里奈(左) 打楽器奏者7歳よりマリンバを始める。岐阜県立大垣北高等学校を経て2003年本学卒業。打楽器を今村三明、マリンバを大江暢子、神谷百子の各氏に師事。「マリンバデュオ 凛」2003年、加納三栄子・里奈の姉妹で活動開始。2007年第3回ベルギー国際マリンバコンクールデュオ部門第2位、併せて安倍圭子賞受賞。これまでに国民文化祭ふくい・室内楽の祭典、全国選抜マリンバ大会、朝吹記念マリンバフェスティバル、パーカッションフェスティバルin名古屋、bluemallet concert vol.4出演。2008年に大垣と名古屋でデュオコンサートvol.1、2009年11月にvol.2を開催。2011年、第4回ベルギー国際マリンバフェスティバルにゲスト出演。その他、国内、海外の数多くのコンサートに出演。2008年大垣市民大賞を受賞、以来大垣市交流大使として演奏活動を通じ地元のアピールに努めている。また、2marimba&piano凛のメンバーとしても、数多くのコンサートに出演する他、2010年に1stアルバム”Rin”を発売し、積極的に活動を行っている。八木 健史 ホルン奏者名古屋市立名東高等学校普通科を経て1998年本学卒業。大阪シンフォニカー交響楽団(現、大阪交響楽団)に入団し関西で活動したが、1999年12月に留学のため同団を退団、渡独した。2002年にミュンヘン市立リヒャルト・シュトラウス音楽院研究科を卒業。その後帰国し、名古屋に拠点を移す。小牧市交響楽団(現、中部フィル)に入団し、オーケストラ・吹奏楽を中心に演奏するかたわら、その他にも2005年6月にアルマ室内管弦楽団と、2009年3月、2010年2月には山形交響楽団と、それぞれモーツァルトのホルン協奏曲を共演し、ソリストとしても活動している。2006年2月に山形交響楽団に入団。2009年1月に首席ホルン奏者に就任。現在、ベルク木管五重奏、山形木管五重奏メンバー。新潟中央高校音楽科非常勤講師。これまでにホルンを、水谷 仁、大野 良雄、エリック・ターヴィリガーの各氏に師事。熊澤 杏実 オーボエ奏者光ヶ丘女子高等学校国際コースを経て2010年本学卒業。卒業演奏会に出演。在学中、定期演奏会オペラハイライトでのオーケストラメンバーとして出演。同大学ウィンドオーケストラ2010年中国公演に参加し、南京芸術院および上海万博日本館で演奏。第44回東京国際芸術協会新人演奏会に木管三重奏で出演。奨励賞受賞。2011年サイトウ・キネン・フェスティバル松本青少年のためのオペラ、小澤征爾音楽塾北京・上海公演、オペラ・プロジェクトXI歌劇『蝶々夫人』に参加。現在は愛知・東京の両方でオーケストラ、吹奏楽、室内楽など幅広く活動している。オーボエを新田祐子、和久井仁、浦丈彦、小畑善昭の各氏に師事。D・ヨナス、H・シェレンベルガーの指導を受ける。室内楽を村田四郎、原田綾子、三界秀実、岡本正之の各氏に師事。

元のページ 

page 64

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です