愛知県立芸術大学 大学案内2017
42/94

040作曲専攻作曲コースComposition (Composition)■音楽学部■音楽科■作曲専攻■作曲コース専攻概要 作曲家は「音」を素材として作品を創造するクリエイターですが、同時に様々な領域をつなぐインターフェイス的側面ももっています。多くの場合、音楽作品は楽譜(五線紙)というメディア(媒体)を介して演奏家によって聴衆に届けられるという形をとります。つまり音楽の領域内でも、作曲家は様々なジャンルの演奏家とのコラボレーションをすることが常に要求されているわけです。さらに最近では楽譜を経由せずにコンピューターの使用により直接「音」をメディア化できるようになったことで、美術や舞踊、映像などとのコラボレーションが盛んに行われるようになってきています。このような状況をふまえ、作曲コースでは、まず和声法や対位法、楽曲分析法、楽器法、オーケストレーションなどの西洋芸術音楽の方法論で音楽的基礎力を養います。その上で世界の先端的音楽の分析法や他領域とのコラボレーションの仕方、邦楽・民族音楽へのアプローチ方法、現代社会とアートの関わり方などについて研究していきます。当コースでは学生によって制作された作品について、実際に音にする機会を学内外に大変豊富に設けています。そのような場を数多く経験することが、将来作家として立つために何よりも役に立つでしょう。このような音出しの機会の前後には徹底した個人指導やゼミが行われ、実際の作家活動に必要なノウハウを得ることができます。教 員寺井 尚行TERAI, Naoyuki教 授作曲久留 智之HISATOME, Tomoyuki教 授作曲小林 聡KOBAYASHI, Akira教 授作曲山本 裕之YAMAMOTO, Hiroyuki准教授作曲非常勤講師鈴木 宏司/岩本 渡/小井 洋明/小島 千加子/遠藤 秀安/大河内 俊則/小櫻 秀爾/成本 理香/板倉 ひろみ/牛島 安希子/高木 彩也子/武野 晴久/小櫻 秀樹/岩田 彩子/高山 葉子/石川 泰昭求められる学生像○創作研究に対する、謙虚且つ積極的な姿勢を持っている人。○感性、知性、表現力、独創性、柔軟性、好奇心、国際性等を持っている人。○音楽の創作において必要な基礎的能力を身に付けている人。専攻サイトhttp://composition.aichi-fam-u.ac.jp/

元のページ 

page 42

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です