愛知県立芸術大学 大学案内2017
38/94

036卒業後の進路 卒業後は、陶磁器デザイナーとして就職したり、陶芸家として各地で精力的な発表活動をしています。また博士課程などへの進学や留学の道があります。[教 員] 愛知県立岩倉総合高等学校、愛知県立瀬戸窯業高等学校、同専攻科、京都市立銅駝美術工芸高等学校、その他中学校教員、高校教員、特別支援学校教員など多数愛知県立芸術大学、京都精華大学、佐賀県立有田窯業大学校、多治見市陶磁器意匠研究所、名古屋学芸大学、明星大学、国立ソウル産業大学(韓国)など[就職等] 愛知県陶磁美術館、岐阜県陶磁器試験場、瀬戸市染付工芸館、瀬戸市新世紀工芸館、土岐市陶磁器試験場、アクティブG匠工房、ノリタケカンパニーリミテド、市原製陶、大倉陶園、昭和製陶、スタジオM、セラミックジャパン、たち吉、鳴海製陶、ミヤオカンパニー、メイドインジャパン、山加商店等、その他陶芸家、デザイナー多数[進学/留学等]  東京藝術大学大学院美術研究科修士課程、東京藝術大学大学院美術研究科博士後期課程、中部工業大学博士課程、筑波大学大学院人間総合科学研究科博士前期課程、筑波大学大学院人間総合科学研究科博士後期課程、金沢卯辰山工芸工房、Burg Giebichenstein Kunsthochschule Halle(ドイツ)、Royal College of Art(イギリス)など竹村 友里愛知県立芸術大学 非常勤講師第8回パラミタ陶芸大賞展ノミネート活躍する卒業生大谷 昌拡愛知県立芸術大学 非常勤講師瀬戸市染付工芸館指導員東京、名古屋、大阪、岐阜などの個展・グループ展や公募展で発表を行っている。古林 恭子(樋木崎 恭子)陶磁器メーカーで社内企画商品からブランド品に至るまでの開発に従事。福島 由子愛知県陶磁美術館 陶芸指導員東海伝統工芸展入選の他、名古屋を中心にグループ展などで発表を行っている。小枝 真人愛知県立芸術大学 非常勤講師東京、名古屋を中心に個展・グループ展や公募展で発表を行っている。榊原 扶美愛知県立芸術大学 非常勤講師平成24年度大学院オペラ舞台美術制作と瀬戸内国際芸術祭2010における「MEGI HOUSE‐陶器によるエントランスデザイン」制作に携わる。名古屋を中心に個展などで発表を行っている。イ・キョンミンBurg Giebichenstein Kunsthochschule Halle(ドイツ)留学中sterwaldpreis 2014(ドイツ)受賞ヴェスターヴァルド陶芸賞 デザイン部門賞小形 こず恵東京、名古屋を中心に個展・グループ展や公募展で発表を行っている。

元のページ 

page 38

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です