愛知県立芸術大学 大学案内2017
17/94

015日本画実技Ⅳ人物デッサン:裸婦デッサンを行う。自由制作:卒業制作に向けて150号の大画面に制作を行う自由課題。卒業制作:4年間で学んだ総合的な研究成果を150号の自由課題で制作し、卒業制作展にて発表する。日本画実技Ⅲ人物制作(裸婦):人物における日本画の表現方法を研究する。自由制作:各自でテーマを決め、自由課題で制作を行う。模写制作:「国宝 一遍聖絵」を課題として現状模写を行うことで古典絵画の表現や技法を学ぶ。風景制作:夏休み中に風景スケッチを課題とし、その写生をもとに制作を行う。風景における日本画の表現方法を研究する。自由制作:自分が表現したい対象物を見つけ出し、自由な発想で制作する。古典と現代の組合せ:古美術研究旅行で研究した内容をもとに、古典的要素と現代的なものを自由な発想で構成する。古美術研究関西地方の寺社仏閣や日本画材料製作工房を訪れ、古美術を研究する。日本画実技Ⅱ人体デッサン:裸婦のデッサンを行う。植物制作:植物の精密写生をもとに植物制作を行う。植物絹絵制作:植物写生及び制作を参考にして、絹本に基底材を変えて制作を行う。人物と植物の組合せ:植物写生とデッサンをもとに人物と組み合わせ画面構成の基礎を学ぶ。風景制作:夏休み中に風景スケッチを課題とし、その写生を元に制作を行う。群像制作:2人以上の人体を組み合わせ構成し、制作する。人物自由制作:人物を発想豊かに構成し、制作を行う。カリキュラム 1年次、2年次には日本画表現における基礎的な技法の習得を目指します。動・植物制作、風景制作等の課題を通して、膠、絵具、紙、筆等の材料研究を行います。また古典衣装や模写を通して、日本画の伝統的な色彩や線描表現、及び技法を学びます。3年次には1・2年次に習得した基礎技法を踏まえ、より応用的な制作に入ります。各個人の発想や、取材をより必要とした課題が多くなります。古美術研究旅行では、絵具、紙、墨の製造現場を訪ね、材料研究を深めます。また、仏閣等を訪ね、障壁画等に見られる伝統的な絵画表現の研究を行います。4年次には予備制作に続き、学部の集大成として卒業制作(卒業制作展での発表を含みます)を行います。大画美術学部専門教育科目教養教育科目基礎教育科目専攻科目関連科目四年次三年次一年次二年次日本画実技Ⅰ植物制作Ⅰ・Ⅱ:植物の制作を通し日本画の技法全般の基礎を学ぶ。剥製写生:精密描写を通して、写実の重要性を認識する。動物制作:動物の制作を通して動物の骨格や動作などを学ぶ。風景制作:夏休み中に風景スケッチを課題とし、その写生を元に制作を行う。裸婦制作:裸婦デッサンをもとに日本画においての人物表現を学ぶ。絹絵制作:絵絹の扱いを学ぶ。雛人形を課題とし、日本画の様式美や平面描写を学ぶ。自画像制作:自画像を通して人物表現の研究を行う。英語ドイツ語フランス語イタリア語身体運動・健康科学情報科学心理学芸術論ほか日本美術史概説西洋美術史概説美術材料学現代アート概説デザイン史○1年次 木工実習○2年次 材料研究 ・金属材料について学び、金泥表現や箔押しの基本的な方法を習得する。 古典絵画研究 ・信貴山緑起絵巻の現状模写を行うことで古典絵画の表現や技法を学ぶ。○3年次 立体造形の研究 デザインの基礎の研究○1年次以上 美術解剖学 図学及び遠近法 デザイン・工芸概論 学部共通関連科目○2年次以上 色彩学面の制作を行う事で各自が作品発表の指針を模索すると共に、より専門的な日本画表現を目指します。

元のページ 

page 17

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です