愛知県立大学 大学案内2017
63/86

61地域連携センター地域連携センターは、行政、産業界、研究機関、他大学、小・中・高等学校、NPO等の各種団体、地域住民との連携活動を円滑かつ組織的に推進する総合的な窓口です。地域の課題解決を目指し、教育研究の成果を社会に還元するとともに、各種連携事業などに学生が積極的に参加できるよう、コーディネートや支援を行います。●事業紹介学術講演会・公開講座の開催学外の著名な研究者や文化人等をお招きして、広く一般に向けた内容をお話頂く学術講演会や一つのテーマを学内外の講師による連続講義で掘り下げ、最新の研究成果をわかりやすく情報発信する公開講座を開催しています。県の機関との連携事業愛知県振興部との共催により、県内の市町村職員と学生が共に地域のことを考え、学び合う「あいち地域づくり連携大学」を実施し、地域の担い手育成を支援しています。看護実践センター看護実践センターは、大学と地域の連携をはかる役割を担い、地域の看護職の研究支援や、より高度な専門教育の提供を特徴としています。平成20年度より看護実践センターの中に「がん化学療法看護」と「がん性疼痛看護」の2つの分野をもつ「認定看護師教育課程」を開設しています。●センターの主な活動内容①認定看護師教育課程「がん化学療法看護分野」「がん性疼痛看護分野」の開講②看護職を対象とした各種セミナーの開催、個別研究指導③子育て支援事業:自由ひろば「もりっこやまっこ」の開催学術講演会②「摂食嚥下障害看護セミナー」の演習③「もりっこやまっこ」(サンサン体操)①「認定看護師教育課程」の授業あいち地域づくり連携大学地域連携センター・看護実践センター地域連携地域と連携した教育の機会の提供や地域貢献活動をサポート

元のページ 

page 63

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です