愛知県立大学 大学案内2017
59/86

57情報科学研究科近年、産業の空洞化、既存産業の成熟化、地域環境における快適さの喪失などの問題が発生しています。このため、新産業の創出、地域産業の高度化、真に豊かな地域住民の生活確保に向けての積極的な取り組みが求められ、情報技術を中心とした高度先端技術の活用による知識集約型産業構造への転換が求められています。情報科学研究科では、先端的専門知識・技術に習熟した高度情報システム技術者を育成します。博士前期課程情報科学研究科の博士前期課程には、情報システム専攻、メディア情報専攻、システム科学専攻の3つの専攻があります。情報システム専攻では、情報の数理、コンピュータシステム、コンピュータソフトウェア、情報ネットワーク、ユビキタスコンピューティング等、この分野の先端的専門知識と技術に習熟し、実用的な情報システムの構築と新しい情報通信技術を開発できる高度情報システム技術者を養成します。また、近年、指摘され続けている高度なソフトウェア技術者の不足に対応するため、単なる専門的なスキルを有するだけでなく社会情勢の変化等に先見性をもって柔軟に対処し、企業等において先導的役割を担えるポテンシャルを備えた先導的ITスペシャリストを養成します。メディア情報専攻では、知能情報処理、言語情報処理、音声・視覚情報処理等に関する知識と、情報メディアの生成、処理、蓄積、利用等、この分野の先端的専門知識と技術に習熟し、デジタルメディアの生成、処理、蓄積、利用等の技術を有する高度情報システム技術者を養成します。システム科学専攻では、システムの数理の深い理解のもとに、地球環境システム、社会システム、生体システム等の大規模かつ複雑なシステムの数理モデル化と計算機シミュレーションによる解析及び制御を行う技術分野の高度な問題解決能力を有し、複雑な実システムに関する新しい理論と方法論を開発できる高度情報システム技術者を養成します。博士後期課程博士後期課程の情報科学専攻には、情報システム、メディア情報、システム科学の3つの系があります。教育課程は、専門科目、関連科目、共通科目、および特別研究で編成されています。研究課題と密接に関連する専門分野科目を中心に、研究成果を知的財産化もしくは事業化するための関連科目を履修します。また、共通科目には共同研究プロジェクトがあり、実社会における実践的研究を体験できます。特別研究では、研究テーマの設定から博士論文の作成に至るまで、専門の教授陣が研究指導を行います。

元のページ 

page 59

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です