愛知県立大学 大学案内2017
5/86

03情報科学部・情報科学研究科がおこなっているロボット関連技術の研究。その実験活動の中心となる「次世代ロボット研究所」棟が新たに完成しました。毎年世界大会に出場しているロボカップサッカーの実証実験、演習等が可能なフィールドなど、情報技術をベースとしたモビリティ、ロボット分野に特化して、企業・社会が求める実応用的ニーズを教育研究面から実現していきます。10月から長久手キャンパスの6施設で屋根貸による太陽光発電事業がはじまりました。年間発電量は約42万2千kWhで、一般家庭100世帯分の年間使用量に相当します。公立大学では最大規模になります。また、学内には発電量をタイムリーに表示するモニターが設置されています。実はこの電力は大規模災害時に大学に提供され、非常時の安全確保に活躍してくれます。施設の有効活用と、環境への配慮、さらには災害時の電力確保で一石三鳥の取組です。次世代ロボット研究所棟が完成しました!大学の施設を利用した太陽光発電がスタート

元のページ 

page 5

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です