愛知県立大学 大学案内2017
41/86

39いっしょに学ぼう〈在学生の声〉生活援助技術論では、血圧測定や清潔の援助など、最も基礎的な看護技術を学びます。練習はモデル人形や患者役の学生に対して行います。自分自身が患者役を体験することは、実際の患者さんの心情を想像するのに役立ちます。基礎看護学実習では、生活援助技術論で習得した知識や技術を活用して、病院で患者さんにケアを実践します。学内実習だけではわからない、現場の様子を知る貴重な機会となることを期待しています。3年生の後期から4年生の前期にかけて、本格的に臨地実習が始まります。実習は、それまで講義や学内演習で学んできたことを発揮出来る場であり、実際の病院で患者さんや医療スタッフと関わることは、とても貴重な経験になります。受け持たせていただいた患者さんやご家族に何が一番必要であるか悩むこともたくさんありますが、共に勉強してきた仲間と、熱心に指導をしてくださる先生方に支えられながら、少しずつ成長することが出来ます。ぜひ皆さんも県大看護で充実した大学生活を送りましょう!永津里奈 さん愛知県立岩倉総合高等学校出身看護学部では1年生から看護の専門的な授業が始まり、看護師になるための必要な知識や技術を身に付けることが出来ます。特に、実技の演習では少人数のグループに分かれ学生同士で看護師役と患者役になって行うため、先生方の細やかな指導のもと学生同士でアドバイスをし合うことで学びが深まります。勉強することも多く大変ですが、一緒に励まし合える仲間がいることやサークルなどで息抜きをすることで毎日楽しく過ごせています。みなさんも看護学部で一緒に頑張っていきましょう!愛知県立大学の看護学部生としてまもなく2年が過ぎます。学年が上がるごとに、知識や技術の幅が広がっていることを実感しています。授業数が多いことから試験時には特に大変だと感じることもありますが、共に看護を学ぶ仲間とお互い良い刺激を受け合い、高め合いながら日々を過ごしています。また教科ごとに新たな先生方と出会い、講義や実習を重ねるごとに、仲間だけでなく先生方との距離も縮まります。分からないことに関しては理解できるまで根気よく教えてくださり、さらに私たちの考える力を伸ばしてくださいます。学部の雰囲気がとても良く、落ち着いた環境の中で自分のなりたい看護職像を探し求めながら、楽しく充実した毎日を送っています。広瀬 知香 さん愛知県立名古屋西高等学校出身伊藤 瑞那 さん愛知県立岡崎北高等学校出身大関 沙依 さん名古屋市立北高等学校出身VOICE1年から学ぶ専門科目VOICE成長を実感できる臨地実習VOICE仲間や教員に支えられ、目指す看護師像を探求するVOICE仲間と楽しむ学生生活

元のページ 

page 41

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です