愛知県立大学 大学案内2017
23/86

21卒業生の声櫻井 めぐみ さん英米学科国立研究開発法人 産業技術総合研究所私は県大での講義・演習を通して、語学力はもちろん、「英語」を様々な側面から考察することで、論理的思考を身につけることができました。現在は公的研究機関に勤務して、国際共同研究等の調整業務を担当しています。英文契約書の作成や英語でのプレゼンの際には、県大で学んだ高度な英語が役立っています。これまで学んだことを活かし、日本の研究成果を通じて国際社会に貢献できる現在の業務に大変やりがいを感じています。職場の留学制度で英国の大学院へ留学する機会も得ました。今後のさらなるキャリアップにつなげたいと思っています。松川 沙知 さんヨーロッパ学科フランス語圏専攻株式会社豊田中央研究所在学中、私は、先生方のきめ細やかなご指導のおかげで、全日本フランス語弁論大会に出場し、優勝することが出来ました。現在、外国特許を扱う仕事をしています。諸外国の企業とやり取りを行うため、「外国語に触れない日はない」という環境です。英語に関しては、日々使用する機会があり、外国人の方とテレビ会議も行っています。また、フランス語に関しては、フランスからの電話の対応や、書類の翻訳などで使用しています。このように、大学で学んだ外国語を活かし、日々楽しく仕事をしています。黒牧 恵実 さん国際関係学科名鉄観光サービス株式会社私は、企画から添乗まで一人の社員が遂行できる点に魅力を感じ、名鉄観光に入社しました。自社の商品を売るには、まず顧客を作るために「自分を売る」ことが必要です。定期的にお客様の元へ通い信頼関係を築いた上でご旅行の提案をします。そして実際にお客様をサポートする添乗業務となります。自分で仕事を取ればその分多くの土地へ赴くことができるのです。将来の夢は一人前の営業マン・添乗員として、大好きなアメリカにお客様をお連れすることです。国際関係学科で学んだ幅広い知識を活かし、国際的に活躍する社会人を目指しています。小松 愛美 さんヨーロッパ学科ドイツ語圏専攻武田薬品工業株式会社少人数でのわかりやすい授業と自由で温かい雰囲気が県大の好きなところです。私は授業で学んだドイツ語やドイツの歴史、文化を活かして、夏休みにベルリンにある礼拝堂でゲストガイドのボランティアをしました。訪問者にベルリンの歴史を伝えるために劇を企画したり、パンフレットを作成したりして、ドイツに対する理解を深めました。異文化を学ぶことは自分の視野を広げられるのでとても興味深いです。現在は製薬会社に勤めており、医薬品分野で、グローバル化する社会に貢献したいと思っています。

元のページ 

page 23

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です