愛知教育大学 大学案内2018
9/80

愛知教育大学は“東海地方を中心に全国の教員養成をリードする教育大学”としての大学改革を始動しました。その改革のキーワードの一つに「実践力」を掲げています。現代的な教育課題に対応できる教員の養成を目指す上で、専門知識とともに教師教養を深め、実践力を養うことが必要不可欠。新しく設置した「実践力育成科目」では、「学校サポート活動」や「多文化体験活動」などのカリキュラムを用意し、学生自身がさまざまな環境に赴き、体験する中であらゆる現場で発揮できる応用力を身に付けます。実践力育成科目の導入実践力育成科目現代的教育課題対応科目●特別支援教育●外国人児童 生徒支援教育●危機管理 など●学校サポート活動●多文化体験活動      など子どもたちの育ちに応じた確かな実践力愛知教育大学だからできる、実践力向上への取り組み。教師である両親のもとで育ち、物心ついた頃から教師を目指していました。愛知教育大学は教師を目指す学生が多く、意欲の高い仲間に囲まれて刺激を受ける日々です。そんな私のモチベーションをさらに高めてくれたのが3年次の教育実習。実習生として小学校を訪れて感じたのは、“クラスの色”の違いです。全てのクラスを見て回りましたが、担任の先生によって雰囲気が異なっている点が興味深く、教師の影響力を感じました。また実習では実際に教壇に立ち、授業を行いました。入念に事前準備をしましたが、子どもたちからの予想外の反応に対応力のなさを痛感。短い期間ではあるものの、教育の現場を体験したことで、新しい課題が見えたと同時に「教師になる」という決意が固まりました。「未来の教師」として学校に訪れ、見えてきた次なる課題。初等教育教員養成課程 社会選修 4年◆教師教養の充実撮影場所/AUEスクエア 09

元のページ  ../index.html#9

このブックを見る