愛知教育大学 大学案内2018
57/80

・社会福祉士(国家資格)受験資格・スクール(学校)ソーシャルワーク教育課程認定事業修了(一般社団法人 日本ソーシャルワーク教育学校連盟)[新設課程]NEWNEW本コースでは、社会福祉学を基盤として、人間と社会のあらゆる問題に対する支援のあり方について学びます。教育・福祉・医療・司法等のさまざまな領域での相談援助・対人援助を担う高度な知識・技術を持つ専門職の育成を目指します。■ 主な学修内容福祉コースでは、スクールソーシャルワーカーをはじめとした家庭、学校、地域における子どもの生活を支援する福祉の専門職の養成を行います。そのためには、まず私たちが生活している「社会」について理解しなければなりません。たとえば、障害のある方や高齢者の方に、今の社会はどう映るのか?そんな視点を持って、街や地域を見ることが「福祉」を学ぶ第一歩です。授業ではディスカッションや調べ学習を取り入れ、自分自身で考える機会を積極的に設けています。また外部の人を招いたり、学外に出かけるなど、多様な価値観をもつ人と出会う場を増やすことも心掛けています。人の想いや心の痛み、物事が起こる背景や歴史など、普段は目に見えないことに大事なものが隠されています。目に見えないものを大事にできる人になってほしいと思います。価値観の多様性に触れ、私たちの生きる社会を理解しよう。担当科目 / 地域福祉論・福祉行財政と福祉計画・社会保障論Ⅰ・Ⅱ など  専門・研究分野 / 地域福祉論岩満 賢次准教授■ 取得できる資格・受験資格1年次学部共通科目に加え、「課程内共通科目」として、教育・発達の基礎理論(教育学基礎科目)とチーム支援の基本的な考え方(教育支援科目)を学ぶ。《学部および課程内共通》P14~15参照【開講科目】2年次ソーシャルワーク教育の各論を学び、全体像を理解する。《学部共通》P14参照《専攻科目》心理学概論、精神保健論、障害者福祉論、高齢者福祉論、公的扶助論、就労支援論、ソーシャルワーク総論、ソーシャルワーク演習 など【開講科目】3年次ソーシャルワーク教育の実践的な学修を行い理論と実践の融合を図る。《学部共通》P14参照《専攻科目》社会福祉実習、保健医療論、ソーシャルワーク実習、社会福祉実習、コミュニティーワーク、教育支援人材福祉特論 など【開講科目】4年次ソーシャルワーク教育をより発展させ、総合的な子ども支援のあり方を考える。《学部共通》P14参照《専攻科目》カウンセリング心理学演習、スクールソーシャルワーク実習指導、教育支援人材福祉特論、福祉運営管理論、福祉行財政と福祉計画 など【開講科目】『人間の生活を支える』を学ぶ福祉コース20名57

元のページ  ../index.html#57

このブックを見る