愛知教育大学 大学案内2019
51/84

取得できる免許目が見えない人たちに情報を正しく伝えるためには、どんな教材を作り、どんな言葉を使って教えればいいのか。学生たちはそのような課題と向き合い、目隠しをして歩く体験や教材・指導案を試案する活動を通して、多くのことを学びとっています。私のゼミでは、卒業研究のかたわら、視覚障害者スポーツの体験や目が見えなくても楽しめる観光地の訪問などを通じて、視覚障害教育の学びを深めています。目が見えない障害を体験して教材や指導案づくりをより良いものへ。[ 担当科目 ] 視覚障害者の教育課程・指導法、視覚障害者の自立活動、点字の基礎 など[ 専門・研究分野 ] 視覚障害教育学青柳 まゆみ准教授Mayumi Aoyagi[ 主免 ]卒業と同時に取得できる免許 [ 副免 ]所定科目の単位修得により取得できる免許特別支援学校教員養成課程Aichi University of Education | 51[ 主免 ]特別支援学校教諭1種免許状(全領域) 小学校教諭1種免許状[ 副免 ]中学校教諭2種免許状(※) 幼稚園教諭2種免許状多くの卒業生が特別支援学校に就職しています。通常学校に就職した場合でも、特別支援学級を担当することが多いようです。将来のフィールド※入学時に中学校教員免許の希望教科(国語、社会、数学、理科、音楽、美術、保健体育、技術、家庭、英語)を調査し、決定されます。授業紹介動作法の実技演習風景プレイセラピーの環境設定読書速度の評価実習の様子手話で話し合う学生主な学修領域聴覚障害教育領域視覚障害教育領域肢体不自由教育領域知的障害教育領域本領域では、特別支援学校教諭免許状(知的障害者に関する教育の領域)の取得に必要なカリキュラムを学修していきます。特に、自閉症児など知的障害特別支援学校に在籍する児童の教育を中心にしています。主なカリキュラムとして「知的障害者の教育課程・指導法」「知的障害者心理・生理概論」「知的障害者の自立活動」などがあります。本領域では、特別支援学校教諭免許状(肢体不自由者に関する教育の領域)の取得に必要なカリキュラムを学修していきます。特に、脳性マヒ児など肢体不自由特別支援学校に在籍する児童の教育を中心にしています。主なカリキュラムとして「肢体不自由者の教育課程・指導法」「肢体不自由者心理・生理概論」「肢体不自由者の自立活動」などがあります。本領域では、特別支援学校教諭免許状(聴覚障害者に関する教育の領域)の取得に必要なカリキュラムを学修していきます。手話の実習や言語指導などについても学ぶことができます。主なカリキュラムとして「聴覚障害者の教育課程・指導法」「聴覚障害者心理・生理概論」「聴覚障害者の自立活動」などがあります。本領域では、特別支援学校教諭免許状(視覚障害者に関する教育の領域)の取得に必要なカリキュラムを学修していきます。点字や歩行の指導、触察・拡大教材づくり、教育的視機能評価の方法や視覚補助具(弱視レンズなど)の指導について学ぶことができます。主なカリキュラムとして「視覚障害者の教育課程・指導法」「視覚障害者心理・生理概論」「視覚障害者の自立活動」などがあります。

元のページ  ../index.html#51

このブックを見る