愛知教育大学 大学案内2018
34/80

幅広い知識と表現力と教育力を身に付ける美術選修/美術専攻図画工作・美術科は、無から有を生み出す「創造」を教えることができる特別な教科だと思います。この創造の楽しさを子どもたちが感じられるようにするためには、第一に教師が発想から具体化までのプロセスを理解していることが重要です。そこで、私の授業では学生が言語表現する機会をできるだけ設け、自分がどういった思考プロセスで造形したのかを分析し、理論的にも理解できるように授業を進めています。愛知教育大学では初歩から始めて専門的な力量まで向上できるカリキュラム編成で、美術を広く深く学べる環境を整えています。新たなものを生み出すことの喜びを、誰もが感じられるようにサポートできる知識と技術をもった教師を目指してください。美術の魅力を教授するために、専門的な知識と技術をみがいていきたい。もともと小学校の教師になりたいという夢があったことから、愛知教育大学を志望。中でも好きな美術(図画工作)をより深く学びたいと思い、美術選修を選びました。大学では、小学校教諭1種免許状取得のために国語、算数、社会、道徳、生活など小学校の授業で必要な知識を学びつつ、彫刻や絵画、図画工作、美術史、工芸、デザインなど美術に関する専門知識を学んでいます。大学の学びの楽しさは、自分の興味がある分野をとことん追求できるところです。授業内の制作だけでなく授業外での自主制作もできますし、わからないことは先生や先輩が丁寧に教えてくださるので、楽しみながら実力を伸ばすことができます。また、高校までは学ぶ機会のなかった石膏取りや、木を組み合わせたブローチ作り、油彩画など、専門的な技術を身に付けられる点も魅力です。美術の楽しさを教え、学校生活の中での楽しい思い出づくりを共有できる教師を目指しています。初等教育教員養成課程 美術選修 4年無から有を生み出す「創造」の楽しさを教えるための知識と技術を養おう。担当科目 / 彫刻基礎、彫刻実技Ⅰ、彫刻制作Ⅰ・Ⅱ、彫刻論、図画工作科教育・研究  専門・研究分野 / 人体具象彫刻の制作研究、彫刻教育、図画工作、美術科教育永江 智尚講師初等教育教員養成課程25名中等教育教員養成課程5名34

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る