愛知教育大学 大学案内2019
34/84

Aichi University of Education「音楽と人間、人間と社会」とのかかわりを深く研究していくために、教育科目・教養科目を幅広く学びます。音楽選修/多様な音楽実践を通して音楽の奥深さを体験し、自ら探求し、思考できる能力を養います。音楽専攻/小学校音楽とのつながりを考え、より専門的な能力を培います。音楽の素晴らしさへの感動が演奏技術や音楽教育を学ぶ原動力に。音楽選修では、ピアノ、声楽、管楽器、箏、三味線、和声学、音楽史等のほか、各教科の内容や指導方法、教育史、発達心理学を学んでいます。管楽器や箏は、触れるのも初めてで戸惑いましたが、将来、音楽の授業をする上で大変貴重な経験となりました。このように幅広く学ぶことができるのは、愛知教育大学の魅力だと思います。幅広い音楽、初めての楽器に挑戦音楽の楽しさを実感人間や社会とつながる「音楽」を見つめる豊かな感性を育む素晴らしい先生方のご指導のおかげで、改めて音楽の楽しさを知りました。先生方の音楽に触れたり、仲間と合奏したりする中で、「やっぱり音楽っていいな」と感じています。この感動が、勉学のエネルギーになっています。演奏技術を磨くと同時に、発達心理学や英語の勉強にも力を入れています。学生からのメッセージ動画(2019年5月まで視聴可)初等教育教員養成課程音楽選修 4年ここが魅力!未来のために音楽選修/音楽専攻34 | 愛知教育大学初等教育教員養成課程25名募集人員中等教育教員養成課程5名募集人員

元のページ  ../index.html#34

このブックを見る