愛知教育大学 大学案内2018
28/80

数学の楽しさを実感し、子どもたちに伝えられる教師を目指す数学選修/数学専攻数学という教科は公式を暗記し、適用することで答えを導き出す学問だと認識している人も少なくないのではないでしょうか。しかし、大学で学ぶことは高校までの数学とはまったく違います。なぜ公式は成り立つのか、なぜ規則性が生まれるのか…。学習意欲を高める知的好奇心の根源ともいえる「なぜ」を原理・原則に従って証明していくのが、数学の醍醐味なのです。そんな数学の楽しさを自らが実感し、子どもたちに伝えられる教師になってほしいという思いから、答えだけを導くのではなく、論理の展開や証明などの過程を大切にした授業を心掛けています。そして、学生自身が数学において新たな発見ができることを願っています。子どもたちに算数・数学の魅力や面白さを伝えられる授業を目指したい。算数・数学は積み重ねの教科であり、一度つまずくと、どんどん分からなくなってしまいます。子どもたちに分かる喜びや数学の魅力を伝えるために、数学の教え方はもちろん自分自身も数学を深く学ぼうと思い、数学選修を選びました。大学で学ぶ数学は高校までの数学とはまるで違います。たとえば負の数の掛け算がなぜ正の数になるのか問われたとき、私はこれまで意味を深く考えずに受け入れていたということに気付かされました。そして代数学概論の授業で負の数の掛け算が正の数であることの証明に出会い、教える立場としてきちんと証明ができなければならないと改めて感じました。このように、数学を深く学びつつ教えることについても学べる点が数学選修の魅力です。算数・数学の面白さを伝えられるような授業を行うのはもちろんのこと、さまざまな問題を抱えた子どもが多くいる今、子どもたちと真に向き合い、信頼される教師になりたいと思っています。初等教育教員養成課程 数学選修 4年数学の“本来の楽しさ”をあなたは知っていますか?担当科目 / 初等整数論、代数学概論、線形数学演習、基本概念(離散の世界)、数学講究 など  専門・研究分野 / 代数的組合せ論須田 庄講師初等教育教員養成課程50名中等教育教員養成課程40名28

元のページ  ../index.html#28

このブックを見る