愛知教育大学 大学案内2018
11/80

教職大学院を設置し、より高度な研究を実践。教員の役割は学問を教えることだけにとどまらず、学級づくりや学校運営など多岐にわたります。そこで、教育現場の抱える諸問題を解決できる実践力を養うために設置されたのが「教育実践研究科(教職大学院)」。全国の事例を対象とした授業研究を通して、より効果的な学習方法を模索したり、複数の学校で長期的な教育実習を行いながら子どもの特性を理解したりすることで、広い意味で“教育の発展”に貢献できる人材を育てます。愛知教育大学は教職大学院の設置チームに生かす高度な指導力とマネジメント力大学院教育実践研究科(教職大学院) 2年大学4年間で食物栄養について学んだのち、小学校教師へ進路変更をして教職大学院小学校教員免許取得コースへ進学しました。最初に各選修の授業に参加して各科目の基礎知識を習得し、授業の組み立て方や子どもとの接し方について学んでいます。大学院での学習の進め方は「理論と実践の融合」。前期に座学で知識を身に付け、後期に実践を行うシステムです。週に2回小学校へ赴き、授業の進行方法や子どもたちの反応を見学することで、自分が教壇に立った際に、どのように対応すればよいのかを研究します。また、模擬授業を通して前期に学んだ「理論」を自分なりに試し、“授業力”の向上を目指しています。実践からの発見は多く、子どもの才能に驚かされる日々。将来は、大学で学んだ食の知識も生かしつつ、子どもたちが豊かな生活を送る力を育める教師を目指します。4年間で培った専門知識を糧に、教師としての自分を探す。撮影場所/教育未来館大学院授業の光景学校での実習風景11

元のページ  ../index.html#11

このブックを見る