愛知大学 大学案内2017
74/180

現代中国入門、 中国地理、 中国経済概説中国思想概説、 中国文学概説、 中国前近代史中国近代史、 中華人民共和国史、 日中戦争史東アジアポップカルチャー東アジア観光文化論東アジア古典芸術論東アジア観光文化論現代中国学方法論中国語学概説、 国際関係論中国法概説、 日中関係論中国社会論基礎簿記論中国経済史、 中国経済論、 中国産業論、 中国政治論中国農業経済論、 中国貿易・投資論日中ビジネス論、 情報産業論、 国際経済学中国経営論、 中国企業改革論アジア経済統合論、 日中ビジネス特殊講義日中経営文化論、 財政・金融論中国語文法論、 ビンナン語 Ⅰ・Ⅱ中国語方言 Ⅰ・Ⅱ、 中国現代文学史中国古典文論、 東アジア現代芸術論中国教育論、 中国民俗学、 国際文化論中国語表現論、 中国語語彙論 中国現代文学論東アジア現代文学論国際文化論、 平和学、 日本外交論東アジア国際政治、 アジア社会論中国外交論、 中国政治論 国際経済学、 中国民族論、 華人社会論アジア経済統合論中国政治思想史中国法中国語プレゼンテーション Ⅰ中国語プレゼンテーション Ⅱ・Ⅲ、 上級中国語 Ⅰ・Ⅱ上級中国語 Ⅲ外国書講読 Ⅰ・Ⅱ国際社会調査論、 現地研究調査基礎現地研究調査・報告中国語発音 Ⅰ・Ⅱ中国語 Ⅰ~Ⅷ現地プログラム中国語 ⅠⅩ、 中国語 Ⅹ中国語ⅩⅠ、 中国語 ⅩⅡ 中国語 ⅩⅢ、 中国語 ⅩⅣ 中国語 ⅩⅤ、 中国語 ⅩⅥ現地ライフレポート 中国文化講座現代中国社会論コミュニケーション中国語 Ⅱ日中ビジネス会話 Ⅱコミュニケーション中国語 Ⅰ日中ビジネス会話 ⅠBusiness English現地プログラム基礎現地プログラム生活事前教育入門演習基礎演習外国史専門演習 Ⅲ・Ⅳ卒業研究ネットワーク情報論、 ソフトウェア演習、 中国データ分析現地インターンシップ事前研修、 現地インターンシップ研究報告経営学総論、 現代日本の企業経営現代日本の経営環境国際法総論 Ⅰ・Ⅱ、 会計学基礎理論財政学・理論教育方法論社会科・地歴科教育法中国語科教育法専門演習 Ⅰ・Ⅱ専門共通部門ビジネス部門言語文化部門国際関係部門中国語強化部門外国書講読現地フィールドワーク関連部門語学部門現地プログラム関連部門演習部門中国語情報部門現地インターンシップ関連部門隣接・関連分野教職課程科目※教職課程 (≫153ページ) 履修者のみ英語TOEIC Ⅰ、 Current English Ⅰ・ⅡWriting Ⅰ・ⅡAdvanced Reading Ⅰ・ⅡCommunication Skills Ⅰ・ⅡReading Ⅰ・ⅡTOEIC Ⅱ・ⅢCommunication Skills Ⅲ・ⅣEnglish Seminar Ⅰ・ⅡEnglish Seminar Ⅲ・ⅣCommunicative English Ⅰ・Ⅱ1年次2年次3年次4年次4年間の流れ中国語を重点的に学習。ネイティブ教員による授業も多く含み、年間180時間に相当する中国語科目を必修としています。2年間で培った中国語を活かし、中国の政治、経済、文化、ビジネス、国際関係など、さまざまな角度から学びます。中国で2週間、社会や文化を調査・分析する現地研究調査(フィールドワーク)や、中国の日系企業では、日中ビジネスの足がかりとなる現地インターンシップを行います。全員4カ月間中国、台湾、マレーシアのいずれかへ留学。HSK5級の語学力をめざします。帰国後、「ビジネス」「言語文化」「国際関係」の3コースに分かれて学びます。第3セメスターの4カ月間、2年次に全員が中国、台湾、マレーシアのいずれかに留学します。語学研修を中心とし、「中国語(精読、口語、聴力、翻訳)」「現代中国社会論」「中国文化講座」などの科目を履修します。現地プログラム ~中国語の集中レッスン~3年次の2週間、学生自身が中国を訪れ、中国や台湾社会の実情を多面的に研究。その結果を、中国主要大学の学生との日中学生シンポジウムで発表、ディスカッションを行います。現地研究調査 ~フィールドワーク~3年次の2週間、学生自身が中国の日系企業を訪れ、企業研修に従事します。その結果を報告会で発表し、報告書を作成。実務経験を就職活動に活かします。現地インターンシップ ~企業研修~現代中国学科 カリキュラム卒業研究 主なテーマ■ 現代中国における人治と法治の交錯 -陳情制度は法治の阻害要因として廃止すべきか-■ 日本と中国の新語・流行語 -“~族”を中心に-■ 「悲情城市」から見る日本統治終了後の台湾■ 日本の黄色と中国の黄色■ 天の字形について■ 映画から見る中国語の文末表現 -≪到我終将逝去的青春≫を中心に■ 「小時代」の若者たち■ 巴金≪激流三部曲≫中的意与蒙要素■ 中国の教育格差 ~農村教育を発展させるには~■ LGBTは受け入れられるのか■ ソーシャルビジネスの可能性と課題■ 国民的スポーツとする中国の卓球に関する考察Faculty of Modern Chinese Studies073

元のページ 

page 74

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です