愛知大学 大学案内2017
70/180

現代中国学科現代中国学部世界を視野に入れて中国・東アジアの今後を考察する。2年次から選択できる3つの専門分野現代の中国および東アジアの経済・政治・文化・言語について、日本との関係や世界情勢を視野に入れながら学んでいきます。1年次には今後の学習に不可欠なツールとして中国語の修得に努めるとともに、2年次春からの「現地プログラム」に備えます。帰国後は、現地で得た問題意識をもとに所属コースを決定。専門演習で研究を深めるほか、希望者はさらに現地での調査やインターンシップに取り組むことができ、国際社会のさまざまな舞台で活躍できる人材をめざします。対中ビジネスのエキスパートを育成取得を支援する資格目標となる資格・採用試験・ 中国語能力認定試験(HSK※3)5級以上・ 通訳案内士(国家資格)・ 通関士・ 総合旅行業務取扱管理者・ 国家公務員・ 地方公務員 など※1 佛教大学への学費が別途必要です。※2 豊橋キャンパスにて開講。※3 初級レベル1級から上級レベル6級の  6段階に級分された中国政府公認の  中国語資格。取得可能な資格(≫153ページ)・ 高等学校教諭1種免許状 (地理歴史、公民、中国語)・ 中学校教諭1種免許状(社会、中国語)・ 小学校教諭1種免許状※1・ 社会教育主事※2・ 博物館学芸員※2・ 司書・司書教諭※2ビジネスを通じて日本と中国を結びつける人材を育成します。中国の経済、産業、政治、外交、日中関係などを、社会的・歴史的な背景もふまえて学習。貿易や投資を含む対中ビジネスの概要を理解するとともに、商取引に関する具体的なスキルやビジネス交渉力を身につけることができます。文化を通じて日中の相互理解に貢献中国語が持つ特質を言語学的に分析して理解し、これをベースに高度な中国語コミュニケーション能力を身につけます。さらに文学、芸術、社会、歴史、思想などのさまざまな分野から中国文化の特徴を総合的に学ぶことで、日中間の懸け橋となる人材をめざします。中国を核として国際関係の観察眼を養成中国の政治や国際政治経済の理論について、欧米や日本と比較しながら学びます。また、欧米や日本の対中国観を学ぶことで、国際社会における中国の位置を明らかにします。さらには、日本と中国、その他の国々を含む複数国間の関係を理解する力を養い、世界で活躍しうる人材を育てます。国際関係コース言語文化コースビジネスコースFaculty of Modern Chinese Studies069

元のページ 

page 70

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です