愛知大学 大学案内2017
50/180

1年次2年次3年次4年次4年間の流れ経済学を学ぶ上での知識や学習方法を身につけ関心を高めます。マクロ経済学、ミクロ経済学を学び経済学の基礎知識を修得します。専門教育科目を体系的に学びつつ、少人数の専門演習(ゼミナール)で関心あるテーマを追究。自由なディスカッションによって、論理的な思考力や経済学への多角的な視点、プレゼンテーション能力を養います。4年次では集大成となる卒業研究に取り組みます。将来の目的や関心に応じ、4コースに分かれます。それぞれのコースに合わせて専門教育科目を履修していきます。世界経済経済学の基礎経済学のコア理論・計量歴史・政策日本経済外国語科目隣接・関連分野演習系科目教職課程科目※教職課程 (≫153ページ) 履修者のみその他導入科目マクロ経済学、ミクロ経済学、経済原論入門、統計学経済数学(代数)、経済数学(微積)海外研修(英語圏)外国史教育方法論、社会科・地歴科教育法社会科・公民科教育法社会科教育法、商業科教育法Ⅰ、職業指導金融論、財政学、経済政策、日本経済論国際経済学、経済史概論Ⅰ(日本)経済史概論Ⅱ(西洋)、経済原論、数理統計学経済予測入門、貨幣信用論資本主義経済論Ⅰ・Ⅱ国際取引法Ⅰ・Ⅱ、法社会学Ⅰ・Ⅱ環境・エネルギー政策論、非営利経済論社会思想史Ⅰ・Ⅱ、西洋経済史Ⅰ・Ⅱ経済地理、都市経済論、ネットワーク経済論流通経済論、農業経済論中級マクロ経済学、中級ミクロ経済学経済データ分析、計量経済学経済統計論、公共経済学、産業組織論経済学史Ⅰ・Ⅱ、経済学特殊講義A・B経済英語Ⅰ・Ⅱ時事英語、時事中国語Ⅰ・Ⅱ特別講義A・B・C、社会研修基礎演習フィールドスタディ方法論、フィールドスタディ国際経済政策、国際金融論、国際金融市場論国際政治経済学、多国籍企業論地球資源論、国際開発論、開発経済論アメリカ経済論、ヨーロッパ経済論中国経済論、国際産業論、中国のアジア太平洋政策アジア太平洋経済論、アジア比較経済論韓国経済論、グローバル自動車産業論世界経済特殊講義A・B外国書講読Ⅰ・Ⅱイングリッシュ・プレゼンテーション労働経済論、社会保障論、環境経済学社会政策、産業政策論、日本経済史Ⅰ・Ⅱ近代中国経済史、中国根拠地経済史歴史・政策特殊講義、公共政策特殊講義金融市場論、地域経済論、地方財政学地域政策論、観光論、中小企業論、地場産業論日本経済特殊講義A・B経営学、基礎簿記論、応用簿記論、社会福祉論情報システム構築論、総合マルチメディア論ウェブデザイン論、行政法、行政学、民法、商法経済法、労働法、比較法Ⅰ・Ⅱ、刑法マーケティング論、消費者行動論経営財務論、比較思想文化論、国際社会学経済学への招待、学習法専門演習 Ⅱ卒業研究専門演習Ⅰ履修コースとして4コース設けました。専門教育科目群の中で重点的に学習する領域を選択できるコース制により、体系的な学習を可能にしています。[現代経済コース][経済政策コース][グローバル経済コース][社会経済コース]経済学科 カリキュラム卒業研究 主なテーマ■ 情報技術を用いた、高齢者の社会的孤立の防止■ 2020年東京オリンピック開催の経済効果■ 中古住宅市場の未整備が空き家問題に及ぼす影響■ ふるさと納税による地方財政問題解決について■ 訪日外国人が与える日本経済への影響■ 北陸新幹線の経済効果と今後、福井県は活性化するのか。■ 民間企業における障害者雇用率達成・促進のための一考察■ 少子高齢化が及ぼす経済影響■ イギリスのISAの発展と日本のNISAの課題■ 働く女性をめぐる制度■ 養老町の財政■ マイナンバー制度導入による影響と海外制度との比較についてFaculty of Economics049

元のページ 

page 50

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です