愛知大学 大学案内2017
48/180

経済学科経済学部グローバル社会を生きる知恵となり、武器となる。2年次から選択できる4つの専門分野経済学は200年を超える長い歴史を持つ学問です。その時々の経済現象を説明し、明日を予測し、望ましい方向へ導く提言を重ねてきました。その対象は財政・金融政策・景気・雇用と労働・社会保障・国際金融など広大です。経済学部経済学科では、長い歴史と広い領域を持つ経済学を基礎から、その応用、ビジネス現場での実践まで多様な学びの場を設けるためコース制カリキュラムを編成しています。培った視野と専門性は、グローバル社会を生きる確かな力になります。取得を支援する資格目標となる資格・採用試験・ 公認会計士・ 税理士・ 中小企業診断士・ 簿記検定・ ファイナンシャル・プランニング技能検定・ 宅地建物取引士・ 経済学検定・ 国家公務員(総合職・一般職)・ 地方公務員・ 国税専門官 など取得可能な資格(≫153ページ)・ 高等学校教諭1種免許状 (地理歴史、公民、商業)・ 中学校教諭1種免許状(社会)・ 小学校教諭1種免許状※1・ 社会教育主事※2・ 博物館学芸員※2・ 司書・司書教諭※2※1 佛教大学への学費が別途必要です。※2 豊橋キャンパスにて開講。Faculty of Economicsマクロ・ミクロ経済学を基礎とする経済理論によって現象を考察する力。経済統計学などで得られるデータをもとに社会を分析する力。これらの能力を養い、現代の変化しつづける経済問題・社会問題を見極める力を身につけます。理論学習を基礎としながら、より実際的な経済政策を重視するコース。財政学・経済政策・社会政策・公共経済学などの知識と併せて研究方法を身につけ、現実社会の中から問題を発見し、合理的な政策を立案する能力を育てます。今日の国際的な経済問題を、政治的要因も考慮しながら理論的・実証的に研究します。このためアジア・欧米諸国の経済動向を把握することに加え、各国の歴史的背景を学びます。国際語としての英語教育にも力を入れています。グローバル経済コース経済政策コース現代経済コース経済、政治、文化などのさまざまな要因からなる現代社会について、経済学の基礎や経済史とともに複数の分野から幅広く学びます。環境、雇用、福祉などの現実の諸問題について多角的な視点から分析し、問題解決能力を養います。社会経済コース経済理論とその実証手法を学ぶ合理的な政策立案能力を磨く歴史的観点も備えて世界経済を研究経済学を包括的に多面的な視点で学ぶ047

元のページ 

page 48

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です