愛知大学 大学案内2017
47/180

 高校までの授業とは異なり、教科書どおりの理解でなく自らの考えによってさまざまなとらえ方ができるのが経済学の面白さです。中でも「経済学特殊講義」は現役の実務家から生の声が聴ける講義で、いまの日本社会と経済の動きがリアルに伝わる興味深いものでした。経済学はとても合理的な学問ですが、学びが深まるにつれ、その対極にある人間らしさや人の温かみの大切さを痛感するようになりました。ゼミでは労働に関する問題について学んでいます。そこで養った労働環境や労働のあり方についての知見を活かして、卒業後は企画や人事といった企業全体を俯瞰できる部門に進み、いつか起業するのが目標です。 経済学とは、市場を通して生産・分配・消費する活動やシステムを分析し、流通・金融・財政などを含む経済全体を展望する学問です。本学部では、経済学の基礎となるミクロ・マクロ経済学から金融・財政・労働経済などのコア科目までの体系的なカリキュラムと、目的や関心に合わせた、現代経済・経済政策・グローバル経済・社会経済の4コースにより、段階的に専門知識を身につけることができます。また、英語を中心とした多様な語学や情報系科目といった他領域についても学び、幅広い知識を修得するとともに、1年次から少人数の演習クラスを設け、グループ討論やディベートゲームを通じて、プレゼンテーション能力やコミュニケーションスキルを養成します。ほかにも、野村證券の実務家を招いての講座を開講。第一線で活躍する方々からのリアルな講義によって、ビジネス現場に即応できる実践力の育成にも注力しています。国内はもちろん、国際的な競争力が求められる現代においては、知識を持つだけでなく自ら思考して発信し、他者と協働できる力が不可欠です。高度に情報化したグローバル社会を勝ち抜くための、深い教養と専門知識を基盤とした総合的なコミュニケーション能力と課題解決能力を養い、これからのビジネスを牽引できる人材を育てるのが本学科の教育目標です。こうした学びを経て、金融をはじめとする幅広い業界や、税理士や公認会計士といった経済のスペシャリストとして力を発揮してほしいと考えています。 高校時代に学んだ政治経済の知識を深めたくて経済学部を選びました。ゼミでは主にテキストや経済ニュースを題材に、学生同士でディスカッションを行っています。たとえば消費税の軽減税率導入に関するたばこやお酒といった嗜好品に対する課税のあり方や、大手コンビニエンスストアの食材宅配サービスがもたらす外食産業への影響などについて議論します。ほかにも、グループに分かれて研究発表を行うゼミ合宿では、オリンピックの経済効果について発表しました。現在は流通システムや流通論を興味深く学んでおり、そこで得たフェアトレードの知識は将来流通業界をめざす私にとって、大いに役立つと考えています。損得勘定や合理性の先にある、人間のあり方こそが経済学の本質。経済学部経済学科3年住田 笑理さん愛知県立瑞陵高校出身経済の視点から幅広く学び、将来は流通の道をめざす。高度な専門知識で現代の経済社会を分析、課題解決能力を備え広く活躍できる人材を。経済学部経済学科3年和田 大輝さん私立高田高校出身Nagoya Campus経済学部 学部長経済学部 経済学科046

元のページ 

page 47

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です