愛知大学 大学案内2017
36/180

■ 共通教育科目 外国語 ●英語/Communicative English Ⅰ・Ⅱ、 Reading Ⅰ~Ⅳ、 Practical English、 TOEIC Ⅰ~Ⅲ、 Current English Ⅰ・Ⅱ、 Writing Ⅰ・Ⅱ、 Advanced Reading Ⅰ・Ⅱ、 Communication Skills Ⅰ~Ⅳ、 English Seminar Ⅰ~Ⅳ ●ドイツ語/ドイツ語入門 Ⅰ・Ⅱ、 ドイツ語基礎 Ⅰ・Ⅱ、 ドイツ語応用 Ⅰ・Ⅱ、 ドイツ語演習 Ⅰ~Ⅳ ●フランス語/フランス語入門 Ⅰ・Ⅱ、 フランス語基礎 Ⅰ・Ⅱ、 フランス語応用 Ⅰ・Ⅱ、 フランス語演習 Ⅰ~Ⅳ ●中国語/中国語入門 Ⅰ・Ⅱ、 中国語基礎 Ⅰ・Ⅱ、 中国語応用 Ⅰ・Ⅱ、 中国語演習 Ⅰ~Ⅳ ●韓国・朝鮮語/韓国・朝鮮語入門 Ⅰ・Ⅱ、 韓国・朝鮮語基礎 Ⅰ・Ⅱ、 韓国・朝鮮語応用 Ⅰ・Ⅱ、 韓国・朝鮮語演習 Ⅰ~Ⅳ ●ロシア語/ロシア語入門 Ⅰ・Ⅱ、 ロシア語基礎 Ⅰ・Ⅱ 、ロシア語応用 Ⅰ・Ⅱ、 ロシア語演習 Ⅰ~Ⅳ ●タイ語/タイ語入門 Ⅰ・Ⅱ、 タイ語基礎 Ⅰ・Ⅱ、 タイ語応用 Ⅰ・Ⅱ、 タイ語演習 Ⅰ~Ⅳ ●日本語/日本語 Ⅰ~Ⅷ、 専門日本語 Ⅰ・Ⅱ、 ビジネス日本語 Ⅰ・Ⅱ、 日本事情 Ⅰ・Ⅱ ●その他/選択外国語入門 Ⅰ・Ⅱ、 選択外国語基礎 Ⅰ・Ⅱ、 選択外国語応用 Ⅰ・Ⅱ、 海外セミナー(英語) Ⅰ・Ⅱ、 海外セミナー(ドイツ語) Ⅰ・Ⅱ、 海外セミナー(フランス語) Ⅰ・Ⅱ、 海外セミナー(中国語) Ⅰ・Ⅱ  海外セミナー(韓国語) Ⅰ・Ⅱ、 外国理解(英語圏) Ⅰ・Ⅱ、 外国理解(ドイツ語圏) Ⅰ・Ⅱ、 外国理解(フランス語圏) Ⅰ・Ⅱ、 外国理解(中国語圏) Ⅰ・Ⅱ、 外国理解(韓国語圏) Ⅰ・Ⅱ、 外国理解(タイ語圏) Ⅰ・Ⅱ 数理科学、 確率の基礎、 確率の応用、 統計の基礎、 統計の応用、 プレゼンテーション技術、 マルチメディア表現法、 情報倫理、 社会データ分析入門、 情報の科学、 コンピュータ科学の基礎、プログラミング、 情報リテラシー・入門、 情報リテラシー・応用 自然 科学と社会、 宇宙、 地球、 物質科学、 資源・エネルギー、 環境の科学、 環境と都市、 生命の科学、 生物コミュニケーション、 生態学、 健康と運動の科学、 健康と栄養、 スポーツの科学 社会 憲法とくらし、 法とくらし、 政治とくらし、 市場経済とくらし、 国際社会と政治、 情報と社会、 社会科学入門、 社会科学応用、 社会学、 現代コミュニティ論、 現代社会論、 国際社会とNGO、 現代社会とメディア、社会思想史、 日本史、 歴史学、 東アジア近代史、 アジア地誌、 国際事情、 地理学通論、 地誌学 人文 哲学、 現代の思想、 言語と人間、 民族と文化、 民族と国家、 社会と宗教、 心理学、 異文化コミュニケーション、 倫理学通論、 文学と人間(東洋)、 文学と人間(西洋)、 美術と人間、 映画と人間、音楽と人間、 演劇と人間 総合 総合科目、 総合演習 Ⅰ~Ⅳ                  体育 スポーツ・健康演習、 スポーツ実技 Ⅰ・Ⅱ 数理 ・ 情報■ 名古屋キャンパス■ 共通教育科目ピックアップ経営学部 准教授古川 邦之気候変動の仕組みを理解する。■ 環境の科学 近年、多様なメディアで報じられる地球温暖化問題。一般的には、人為的に排出された二酸化炭素量の増加が主な原因とされていますが、実際にはもっと複雑な要因が関係していると考えます。二酸化炭素は常に地表に存在しているわけではなく、大気中の二酸化炭素は雨に溶けて海に流れ、サンゴや石灰岩となって地球内部に潜り、火山の噴火によって再び大気中に放出されます。地球が保有する二酸化炭素の量は一定ですから、二酸化炭素が地球のどこに含まれているかが鍵を握っていることになります。また、気温は二酸化炭素以外の要因によっても変化します。分単位では、頭上の雲の量、年単位ではエルニーニョ現象や火山活動の有無、さらに長い目で見れば太陽の活動によっても気温は変化しています。ときには数億年単位という長期的なスパンで、そして身近な二酸化炭素から宇宙の構造までの幅広い視点から、地球を取り巻くさまざまな要因を知り、気候変動のメカニズムを学ぶのが私の授業です。経済学部 准教授三川 克俊母語に近い感覚で英語を学ぶ。■ Practical English ネイティブスピーカーとの円滑なコミュニケーションにおいて重要なのが、聞く力と文脈を推測・理解する力です。この授業ではCBSやCNNといった海外ニュースDVD教材やタイムリーなニュース動画を題材に、実用英語(Practical English)の修得をめざします。授業ではまず、和訳されたニュースを視聴して内容を把握した後、キャスターが話す英語を聞いて書き取る“ディクテーション”を行います。ニュースに出てくるのは高校までに習った単語がほとんどですが、最初はなかなかすべてを聞き取り、内容を理解することができません。潜在的に英語を和訳してしまい、1語でも聞き逃すとそれ以降の文章が頭の中に入ってこなくなるからです。ネイティブの発音に触れながら、多少わからない単語があっても文章全体の概要をつかむ練習を繰り返すことで、長文英語を素早く理解する力を養います。ほかにも、聞いた英語を同じスピードで復唱する“シャドーイング”を行い、正しい発音と同時に英語を英語で理解する力を身につけます。035

元のページ 

page 36

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です