愛知大学 大学案内2017
30/180

産官学連携キャリア育成プログラム本 選 (9チーム)二次審査(18チーム)一次審査(39チーム)第2回プレゼンテーション研修サマープロジェクト現地視察ツアー■ 産官学連携型PBL Project Based Learning企業や官公庁と連携した課題解決型学習で、社会で活きる力を。大学での学びを“知識”のままで終わらせず、変化する社会で役立つ“力”にするために、企業や官公庁と連携した課題解決型学習―Project Based Learningをさまざまな形で導入しています。これらを通じて社会人基礎力を養成し、社会変化に柔軟に対応できる考え方や人間性を育みます。学生による中部観光提案コンテスト ~越前美濃街道編~昇龍道プロジェクト支援企画■ 受賞結果昇龍道大賞、中部経済連合会長賞、越前美濃街道賞、学長賞「日本の中心にある「Gujo」での思い出はあなたの記憶の中に」中部運輸局長賞「日本一の福井に学べ。~親子で行く教育旅行~」中部経済同友会賞、名鉄観光サービス社長賞「動画で認知度アップ!」2015年度は、福井県の福井市と大野市、岐阜県の郡上市と美濃市を結ぶ「越前美濃街道」の観光資源活用をテーマに開催。39チーム・154名が予選にエントリーし、勝ち残った9チームによる本選が2015年11月に行われました。福井市と岐阜県美濃市を結ぶ街道は、かつて岐阜県(美濃国)側からは越前街道、福井県(越前国)側からは美濃街道と呼ばれ、多くの人や物が行き来し賑わっていました。その街道沿いの4市が連携し現代版「越前美濃街道」と位置づけ、広域観光エリアを形成。その多彩な魅力をいかに訴求できるかが審査のポイントとなりました。参加チームは、キックオフミーティングで外国人旅行客誘致の実状を学んだ後、4市の担当者による研究講座を受講し、それぞれの市が持つ観光資源を知ると同時に抱えている課題について理解を深め、外国人観光客に効果的なテーマを選定。続くプレゼンテーション研修会では広告代理店の協力を得て、企画立案の手法や魅力的な企画づくりを学びました。さらに現地視察ツアーを実施し、実際に現地を歩いて観光資源を体感。今回学んだ知識を、具体的かつ実現可能な企画へと昇華させました。本選では中部運輸局、中部経済連合会、越前美濃街道広域観光交流推進協議会、各市の観光セクションの方々を審査員に招き、調査研究の成果をプレゼンテーションしました。最優秀賞に選ばれたテーマは、「日本の中心にある「Gujo」での思い出はあなたの記憶の中に」。郡上市のユニークな観光資源である食品サンプルにフォーカスし、市の認知度やブランド力を高めるとともに越前美濃街道全体の活性化につなげる企画で、食品サンプルを用いた大々的なイベントやSNSを活用したPR手法などが評価されました。中部北陸の9県(愛知・岐阜・三重・静岡・長野・福井・石川・富山・滋賀)と産業界が一体となり、外国人観光客の誘致促進をめざすプロジェクト。国土交通省中部運輸局などの主導により2012年にスタートした。能登半島を龍の頭に見立て、中部国際空港を起点に北上する様を昇龍の姿に重ねたネーミング。参加団体は官公庁・各種業界など1,700を超え、愛知大学も教育機関の一つとして参加している。■ 「昇龍道プロジェクト」とは中国・アジア圏に向け、中部の縦断のルートをPR。昇龍道プロジェクト本選までの流れ第1回プレゼンテーション研修テーマ研究講座第4回029

元のページ 

page 30

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です