愛知大学 大学案内2017
26/180

愛知大学東京霞が関オフィスは、学生・教職員・同窓生のための首都圏における情報収集・発信拠点です。特に就職活動中の学生に対しては、首都圏の行政や企業に詳しい職員が、求人情報の提供、就職活動の相談やアドバイス、履歴書・エントリーシートの添削指導など、手厚いサポートを行っています。自由に使えるパソコンや休憩のためのソファベッドも用意され、就職活動中の学生同士が情報交換をしたり励まし合ったりする姿も頻繁に見られます。霞が関地区は、文部科学省をはじめとする各省庁や国会議事堂・首相官邸・アメリカ大使館などが建ち並ぶわが国の政治経済の中心地。その一角に2007年に完成した日本初の官民共同ビル、霞が関コモンゲート西館の最上階に当オフィスはあり、窓からは皇居や丸の内オフィス街、新宿の高層ビル群までが一望できます。ビルと直結する東京メトロ虎ノ門駅までは東京駅から約10分の便利さで、フットワークのよい就職活動を支えます。このほかにも当オフィスは、在学生・教職員・同窓生のための、研究・教育交流の場としても活用されています。地域政策学部地域政策学科4年神谷 泰輝さん愛知県立安城高校出身 2015年9月、2日間にわたって駒木ゼミの東京合宿が行われました。初日は東京霞が関オフィスで3年次の研究発表と4年次の卒論発表があり、宿泊地へ移動して開催された懇親会では互いの交流を深めました。2日目はGPSを活用したまち歩き調査を東京の下町・谷中で実施。寺社や墓地は高台に、商店街は低地に立地しており、その標高差などのデータ化を行いました。また平日の雨天ながら多くの若い観光客で賑わう「谷中銀座商店街」の人気の理由についても考察しました。衰退する地方商店街の活性化の鍵を探るゼミ合宿。経営学部経営学科2年加藤 三和さん愛知県立刈谷北高校出身 NPO法人「キャリアクルーズ」が主催するインターンシップ「キャリア大学」を知り、三越伊勢丹に応募しました。本プログラムの特長は1~2年次に全国の大学生とともに学べ、企業担当者と直接お話しできること。当日は「季節に沿ったイベント」をテーマにグループワークし、新商品の提案発表を行いました。他大学の学生とのディスカッションでは自身の知識や発言力不足を痛感し、学習意欲を大いに刺激されました。この経験を今後の学びの糧として活かします。全国の学生との学びが大きな刺激になりました。■東京でのゼミ活動■キャリア大学TOKYO KASUMIGASEKI OFFICE東京霞が関オフィス首都圏における愛知大学生の就職活動をバックアップする拠点。就職活動をサポート教育・研究活動をサポート交流活動をサポート025

元のページ 

page 26

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です