愛知大学 大学案内2017
22/180

伝統と革新のまち、豊橋で豊橋市は、愛知県東南部に位置する東三河地域の中核都市です。国内ばかりではなく、国外まで広くつながる物流ハブ機能を有する三河港は、自動車輸入台数・輸入額が長年国内第1位を続けるなど、商工業が発展しています。一方で、平坦な地形と穏やかな気候の恩恵を受け、農業産出額でも全国トップクラスを維持。中京圏をはじめとする消費地に多様な農畜産物を供給しています。また、城下町として発展してきた歴史を反映し、手筒花火をはじめとする豊かな伝統文化が市民生活に息づいており、豊橋駅周辺地区には商業施設や芸術劇場が開設される一方で、市の中心部には今も路面電車が走るなど、新しさと懐かしさが混在するまちを形成しています。今から70年前の1946年、愛知大学はこの地に誕生し地域社会の一員として地域創生を担う人材を育成しています。豊橋市の豊かな自然と重厚な歴史が奏でる文化の中で、温かみや親しみを感じる広大なキャンパスです。Toyohashi, City and Campus021

元のページ 

page 22

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です