愛知大学 大学案内2017
167/180

国際交流イベントの企画・運営で、外国人留学生をサポート。 高校時代に参加した語学留学での経験から、外国人留学生のサポートをする活動をしたいと考え、国際交流ピアサポートチーム「Aide(エイド)」に参加しました。滋賀の日帰り研修旅行では多くの留学生と日本人学生が参加して彦根城などを見学、留学生には陶器作り体験が好評だったようです。1月に行われたフェアウェルパーティー※では、日本語や日本文化の知識を取り入れたクイズ大会を企画し、大いに盛り上がりました。活動を通して知り合った留学生は誰もが勉強熱心で、時には日本人よりも日本文化に詳しく、驚かされることもたびたびです。留学生からは「日本人学生と一緒に料理を作りたい」といった要望も寄せられ、今後は積極的に留学生の意見を取り入れたいと考えています。■ ピア・サポーターの声 国際交流プロジェクト学生の就職活動を学生が支援。自分自身のキャリアを考えるきっかけに。 1年次の頃、キャリア支援プロジェクト「PAS」が結成されることを知り、その初期メンバーに加わりました。ボランティアといえば清掃活動やホームレス支援を連想しがちだった私ですが、学生を支援することも人の役に立つことであり、愛知大学から社会へ人材を送り出す活動は大きな意味での社会貢献だと気づいたのです。就職活動中の3年次向けのイベント開催などに取り組む中で、キャリア支援課や企業・官公庁の人事部門の方々とお話しする経験を1年次から持つことができ、私自身のキャリアについても早期から考えられるようになりました。以前は企業への就職を漠然と考えていましたが、現在は行政の仕事に魅力を感じています。市民や企業が快適に活動できる国や地域づくりに貢献していきたいです。■ ピア・サポーターの声 キャリア支援プロジェクト愛知大学ピア・サポーターキャリア支援 プロジェクト「企業セミナー」をはじめとするキャリア形成にかかわるイベントの企画運営に携わります。また、学生のキャリア形成支援につながる独自の企画を運営します。たとえば、1・2年次は就職活動経験者へのインタビューを行って記事を公開したり、4年次は履歴書添削会など、自分の経験を活かした企画を実施します。国際交流 プロジェクト主に4つのテーマで活動します。①外国人留学生の生活支援・相談。②留学を希望する学生に対し、自身の留学経験を活かした情報提供や指導、ガイダンスの企画運営。③外国人留学生と日本人学生の交流の推進(International Cafe、交流パーティ、研修旅行など)。④外国からの来訪者・訪問団への対応。障がい学生支援 プロジェクト主に4つのテーマで活動します。①身体障がいのある学生の日常的な行動のサポート。②友だちをつくることが苦手な学生へのパートナーとしての支援。③授業でわからないところを教えたり、ノートの取り方、レポートの書き方などのアドバイス。④直接会って相談できない相手へのEメールによる相談。学内広報 プロジェクト愛知大学の学生にターゲットを絞り、学内のさまざまな情報を掲示板や公式ホームページなどを活用し、PRします。「愛大生の知らない愛大」を学生目線で、視覚的に楽しく情報発信していきます。また、学内ボランティア団体の活躍などを広報するニューズレター「ぼらナビ」の編集・制作なども行います。図書館 プロジェクト図書館サポーター「トッポ」の名称で活躍中。学生の視点を取り入れた図書館づくりをテーマに、学生が楽しく便利に図書館を利用できる企画を実施します。本の特集展示企画、わかりやすい掲示、図書館情報誌の編集、選書ツアーの実施、本にかかわるイベント企画や他大学との交流などを行います。「ピア(PEER)」とは、仲間・同僚などを表す英単語。つまり愛知大学ピア・サポーターは、仲間同士が助け合う仕組みを意味しています。愛大生による愛大生のための学生相互支援システムですが、その活動については大学の各部門が全面的にバックアップするので安心です。参加する学生は、後輩や外国人留学生、障がいのある学生に、自分の経験と知識を活かしたアドバイスやサービスを提供します。学生による学生のための支援システム■ ピア・サポーター 5つのプロジェクトボランティア・社会貢献活動■ 愛大生による愛大生のための支援制度経済学部経済学科1年水谷 朱里さん私立大成高校出身経済学部経済学科3年河合 英忠さん私立愛知工業大学名電高校出身※留学期間を終えた留学生を送り出す会166

元のページ 

page 167

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です