愛知大学 大学案内2017
148/180

愛知県教育委員会(高等学校・地理歴史)常に問いを投げかけ本質を見る力を育てたい。 「そもそも、歴史教育は何のためにあるのか」。卒業論文ではこの観点から研究しました。中国の中学校で実際に使われた、時期の異なる歴史教科書を比較研究した結果、記述には時の政府の方針が色濃く反映されることがわかりました。歴史教育の面白さに気づくとともに、教育が持つこうした側面も生徒に伝えていかなければと感じました。研究を通して培った多面的なものの見方を活かし、生徒に本質を見極める力を育てたいと考えています。そのために、常に「なぜ?」を考える機会を与える授業をしていきます。一人でも多くの生徒に「やればできる!」の気持ちを持たせ、自己実現の力をつけさせて、活気あふれる社会にしたいと思っています。 教職課程センター主催の「先輩教師に学ぶ会」で愛大OBの方から聞いた中学校の現状と、私自身の中学時代の体験との間にギャップを感じたため、教育実習の前に現在の中学校の教育現場を見ておきたいと考え、インターンシップに参加しました。まず感じたことは、教員の仕事量の多さでした。現場では、授業の見学や補助のほかに机の修繕などの校務も経験し、授業以外の教員の仕事を知ることができました。中学時代、先生方は休み時間に職員室で休憩していると思い込んでいた私には、貴重な体験でした。技術の授業ではエクセルの指導を行いましたが、最初は生徒との距離感がわからず、悩んだのを覚えています。大学の講義で得た知識や指導方法がすべての生徒に当てはまるわけではなく、それぞれの個性に合わせてアプローチを変えなければなりません。正解がないといわれる経済学と同様、教育にマニュアルはないんだと実感することができました。この経験を活かし、今後は教育を学ぶだけでなく、幅広い分野に目を向けて多様な価値観や考え方を身につけ、生徒一人ひとりの夢を応援できる教員をめざします。文学部人文社会学科4年滝川 航大さん愛知県立春日井西高校出身愛知県教育委員会(小学校)多彩な教育現場体験を武器に教員への道を邁進。 好きだった歴史をより深く学ぶために文学部へ進学し、将来は教員か学芸員をめざそうと考えていました。2年次から3年間続けている豊橋市花田小学校での教職インターンシップでは、子どもたちとの接し方や授業方法などを学び、東栄町サマースクールでは実際に教員の立場から子どもを預かる責任感を学ぶことができました。このほか、近隣の小学生と遊ぶサークル「児童文化研究会」にも参加し、企画力やリーダーシップを養いました。こうした経験から、進路を教員一本と決めて取り組みました。愛知大学は教員志望の学生への充実した支援はもちろん、幅広い分野の専門的な知識を学べることが魅力。面接時に役立つと同時に、多面的な視点を養うことができます。文学部人文社会学科4年武井 建弥さん愛知県立横須賀高校出身愛知県教育委員会(中学校・社会)ひたむきな生徒とともに成長し、たくさんの笑顔を増やしたい。教育にマニュアルは存在しない。人として成長し、生徒の夢を応援できる教員へ。 もともと高校教員をめざそうと考えていた私は、3年次に参加した岡崎教師塾「允文館」※での教育実習をきっかけとして、中学教員になりたいと強く感じました。今でも印象に残っているのが部活動での指導です。自分の指導に素直に耳を傾けて、真剣に取り組んでくれる姿に胸を打たれ「生徒たちとともに成長したい」と感じました。また、あいさつの大切さも学びました。最初は忙しく仕事をする先生方の邪魔にならないよう、控えめにあいさつをしていましたが、それは失礼にあたると考え直し、大きな声であいさつをするうち多くの先生方に声をかけていただけるようになりました。生徒とはもちろん、教員間でもあいさつを大切に、笑顔を増やすことのできる教員をめざします。経済学部経済学科4年道﨑 浩美さん愛知県立岡崎北高校出身経済学部経済学科3年小野 要さん三重県立津西高校出身インターンシップ先 : 蟹江町立蟹江中学校■ 教職インターンシップ※岡崎市総合学習センター主催知の蓄積を、未来を担う子どもたちへ。各学部での学びを活かし、教員として羽ばたく愛大生。教員・公務員147

元のページ 

page 148

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です