愛知大学 大学案内2017
147/180

氏名 役職 所属学部 担当科目加藤 鉦治渡津 英一郎岡田 圭二前原 裕樹梅村 清春加藤 潤加島 大輔作中 久雄教授教授准教授助教事業主任教授准教授事業主任法学部現代中国学部経済学部経営学部文学部文学部教職入門、教育原論 他教育制度論、生徒・進路指導の理論と方法 他教育心理学、教育相談の理論と方法 他教育方法論、教育問題研究 他教職入門教育課程論、道徳教育の理論と方法 他教育原論、学校と教育の歴史 他社会科教育法、社会科・地歴科教育法 他教員をめざす在学生や卒業生を、教職課程専任教員を中心としたスタッフがサポートします。また、名古屋・豊橋両教職課程センター室には、相談や教職課程センターでの事業を担当する事業主任が常駐しています。名古屋キャンパス豊 橋■ スタッフ■ 年間スケジュール・活動内容 ▶模擬試験▶模擬集団面接▶模擬集団討論教員採用試験では、「教職教養」「一般教養」「専門教養」の筆記試験が課せられます。その対策として外部模試を、名古屋校舎・豊橋校舎ともに年間7回程度実施しています。外部からの試験問題を使用しているため、本番さながらの緊張感のもと、名古屋校舎では30名前後、豊橋校舎では40名前後の学生が毎回受験しており、1年次から模擬試験に参加する学生も少なくありません。模擬試験の結果については、得意分野、苦手分野など分野別で分析した結果や、合格の可能性についても記されています。そのため、学生は模擬試験後、教職課程センターにこもって自分の弱点を克服し合格に近づくため勉学に励んでいます。外部模試以外にも、教職課程センターの先生が作成した過去の試験問題をピックアップした問題集がつくられており本番に備えて日々勉強しています。模擬集団面接では、毎回10名前後の愛知大学OB・OGの現職教員である校長、教頭、教務主任などの先生方に面接官となっていただき、受験者5名程度で行っています。集団面接では、他の受験生に左右されることなく自分の意志を強く持って挑む必要があります。面接は、筆記試験と違い、練習することで自分の考えや想いを作り出すことはできませんが、いかに端的に相手にうまく自分の熱意を伝えるかは重要なポイントになってきます。集団面接の後は、各グループで面接いただいた先生より全体および個別でアドバイスをいただきます。面接を受けた学生は、自分の良かったところ、足りなかったところに加え、一緒に受けた他の学生の良かった点などについてもメモをとり、本番に向け準備を行っています。毎回10名前後の愛知大学OB・OGの現職教員である校長、教頭、教務主任などの先生方に試験官となっていただき行っています。集団討論では、積極的にグループの輪に入って自分の考えが述べられるか、周りの人への気遣いができるかなど、チームとして学校運営を行っていくために大切な協調性が求められます。協調性は教員採用試験に限らず、社会人になる上で重要な要素といえます。今回は、「髪の毛を染めてきた児童生徒に対して、あなたはどのように対処しますか」というテーマが与えられ、「髪の毛を染める児童は何かメッセージを発信している可能性があるため、その理由を聞いた上でルールを守ることの大切さなどを伝えていく」など、あらゆる角度から討論がなされました。討論終了後には、試験官の先生より指導をいただくとともに、他の学生の考え方や切り口を学び、自己成長につなげています。教職課程センター4月5-6月7-8月2-3月10-11-12月9月1月教職課程▶ 履修ガイダンス▶ 採用試験説明会1次試験合格発表▶ 採用試験説明会筆記試験対策、集団面接・討論2次試験対策▶ 採用試験説明会▶ 介護等体験ガイダンス▶ 教育実習ガイダンス▶ 特別教育支援セミナー▶ 教育実習直前指導▶ 教育実習▶ 教育実習体験報告会▶ 教職研究セミナー▶ インターンシップ報告会▶ インターンシップ報告会▶ 東栄町サマースクール▶ 学校研究発表会参加▶ インターンシップ説明会・発足会▶ 定期試験▶ 教育実習▶ 免許申請ガイダンス▶ 教育実習直前指導▶ 小学校免許ガイダンス▶ 定期試験▶ 小学校免許ガイダンス▶ 介護等体験(8月~1月)行事採用試験教師としてのすそ野を広げる取り組み採用試験合格をめざす取り組み第1回第6回第7回第8回第2回第8回第9回第3回第4回第5回第6回第7回先輩教師に学ぶ会インターンシップ模試4年次4年次3年次第1回第2回第3回第4回第5回3年次2次試験模擬授業、授業案作成、集団面接・討論集団面接、集団討論、筆記勉強集団面接、集団討論、筆記勉強、レジュメ作り▶ 願書(自己アピール文含む)作成146

元のページ 

page 147

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です