愛知大学 大学案内2017
140/180

大学時代の“気づき”と“行動”が、社会を生き抜く力となる。▶ 入学時オリエンテーション▶ 低学年キャリア支援ガイダンス▶ 初年次導入教育(入門ゼミなど)▶ キャリア開発講座▶ 産官学連携キャリア育成プログラム▶ 低学年キャリア支援プログラム▶ キャリアカウンセリング▶ インターンシップ▶ 低学年キャリア支援ガイダンス▶ キャリア開発講座▶ 産官学連携キャリア育成プログラム▶ 低学年キャリア支援プログラム▶ キャリアカウンセリングキャリアデザイン・就職活動支援▶ 公務員ガイダンス▶ 宅地建物取引士講座▶ 教員ガイダンス▶ 教職課程▶ 公務員ガイダンス▶ 公務員特別授業▶ 行政書士講座▶ インターンシップ▶ 公務員合格者体験報告会▶ 教員ガイダンス▶ 教員合格者体験報告会▶ 教職課程公務員試験・教員採用試験合格支援将来の自分をイメージし、大学生活の目標を定めます。企業や官公庁などの仕事を感じ取り、方向性を確認します。年次1年次2株式会社十六銀行本店にてヒアリングを行いましたOB・OG探訪記産官学連携キャリア育成プログラム「子機付プリンター複合機のシェアを拡大」をテーマにしたマーケティング戦略提案コンテストです。ブラザー販売株式会社の担当者から商品知識と市場環境を学んだ上で、家電量販店での現地調査など独自研究を進め、11月下旬の本選に臨みました。多くの提案の中から、通信販売会社とタイアップした提案を行ったチームが最優秀賞に選ばれました。審査員からは「多彩なアイデアと実現のための根拠が示され、有意義だった」との講評をいただきました。DHC×愛知大学 ビジネス体感プログラム株式会社ディーエイチシー(DHC)がめざす「お客様満足度No.1」に向けたアクションプランを提案するプログラム。同社の商品企画やマーケティング戦略を学んだ後、「身近な人(若年層)がDHC商品を購入するためのSNS施策」をテーマにチームごとに調査研究を重ねながら企画を組み立てていきました。11月中旬のプレゼンテーション本選では、DHCプロテインダイエットについて、Vineによる6秒レシピ動画作成を提案したチームが最優秀賞に輝きました。ブラザー販売×愛知大学マーケティング・販売促進オペレーション低年次キャリアデザインプログラム「OB・OG探訪記」とは、1・2年次の学生が企業や官公庁などの第一線で活躍する本学卒業生が所属する職場を訪問し、卒業生への取材活動を通して得た知識や情報を冊子化し、加えて活動報告を1・2年次の学生および就職活動を行う3年次の学生に向けてプレゼンテーションするものです。2015年度は33名の学生(うち1年次11名)がそれぞれチームに分かれ、7企業・1官公庁を訪問しました。その内容を各チームでふりかえり、就職活動の情報などを追加した冊子の作成やプレゼンテーション資料の制作に取り組みました。この活動を通じて学生は、早い段階で就業意欲を育むとともに、その後のキャリア形成に主体的に取り組む力を養います。また、コミュニケーション能力やチームで仕事を推進するスキルも身につけることができます。そして11月には、これから就職活動を始める3年次の学生に対しプレゼンテーションを実施し、作成したパンフレットも配布。パンフレットには、愛知大学の先輩・後輩という、いわば「身内」ならではの価値ある情報が詰まっています。3年次の業界・企業研究に大いに役立ちます。このように、先輩・後輩の世代を超えた取り組みが、学生のキャリア形成を支える強みとなっています。先輩・後輩の垣根を超えた本学ならではのプログラム。キャリア形成支援139

元のページ 

page 140

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です