愛知大学 大学案内2017
136/180

7キャリア形成支援企業や行政機関で活躍する社会人も、学生時代には、さまざまな授業に参加し勉学に励み、ゼミ仲間や先生と議論を重ねてきました。同じ時期に、国内外での現地体験を積む中で、迷ったり悩んだりしながら、進路を開いてきたのです。そして社会人になった今も、将来への希望に満ちた手探りは続きます。そんな7人の先輩たちの声を聞いてみましょう。人のキャリアモデルCareer Model_7personsスズキ株式会社小出 有里佳さん 2014年 経営学部卒業 ゼミで日本企業の国際競争力について学ぶうちに、海外で積極的に事業展開を行う日本の自動車産業に興味を持ちました。なかでも地元浜松に本社を置くスズキ株式会社は、価値ある製品を作るために世界に多くの拠点を持つ一方で、地域の人々からも身近な存在として親しまれています。私もその一員としてスズキの製品を支えたいと考え、入社を決めました。現在は国内サービス部に所属し、全国の代理店における車検など整備全般の売上を集計・分析し、資料を作成して配信する業務を中心に行っています。各代理店の営業成績や今後の方針に影響する報告資料なので少しのミスも許されませんが、それだけにやりがいも感じています。また、業務依頼を受けた際には相手が自分を信頼してくれていることと思い依頼内容がいつまでに必要とされるかを確認しながら対応に努めています。いまでは従来の業務に加え、代理店に向けた活動通信の発行も担当することになりました。代理店で働く女性の整備スタッフを取材して記事を作成しましたが、現場の声を聞くことで、スズキの製品とお客様をつなぐ代理店への理解がより深まったと思います。今後も会社や代理店の方々から信頼される人材をめざして邁進します。世界で、地域で親しまれるスズキの製品をより多くのお客様へ。Career Model_01135

元のページ 

page 136

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です